Sponsored Link

1970年代には「指で押して穴開ける缶ジュース」があった!

指で押して穴を開ける缶ジュースを知っていますか?

前回の記事に続いて思い出したついでにまた缶ジュースの話題を一つ・・・。

1970年代(記憶では1970年代中頃~1980年くらいか?)にはプルタブではなくて、「指で押して穴を開ける」缶ジュースがあったんですよ。

当時ももちろん主流はプルタブ方式ですが、ごくごく一部のものにこのような不思議な開け方のジュースがありました。

 

記憶では森永の製品だったと思います。(間違えはご容赦下さい)

スチール缶ですが、以下の図のように二つの穴を指でギュッと押し込んで穴を開けて飲むんです。

 

大して力を入れなくても開くようになっており、押した部分の切れ端がジュース内に落ちるということもありませんでした。

でも二つの穴を開けるのは面倒だし、子供や力の無い方などは難しかったかもしれません。

でも「プルタブは爪が剥がれそうで恐い」という人には好評だったようです。

いつの間にか姿を消してしまいました。でもなぜか忘れられない商品の一つでもありました。

穴を開ける部分(飲み口)は以下をご覧ください。
(クリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで記事にお戻り下さい。)

Juice_open-hole

 

スポンサーリンク


4 Responses to “1970年代には「指で押して穴開ける缶ジュース」があった!”

  1. はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん より:

    すんません、指で開けるやつ、これ知りませんでした。
    もちろん、缶に添付されたちっこい穴あけ機で穴をあける缶ジュースや、
    それがついてなくて、家で缶切りの先っぽ…今はその機能が付いた缶切りありませんが、
    で、穴2つ開けて飲むやつは知っています。
    ・・・実物見てみたいですはじめっち

    そういや、列車には簡易テーブルにビンの栓抜きがついてたりしたっす。
    ・・・寝台車にはついていたっすゆたかもう「寝台車」走ってないすけど

    むかし小学生で先生の話をよく聞かない子がいて、
    「缶ジュースの穴は2つ開けて…」というのを聞かないで、一つしか開けなくて、
    半分しか飲めないやつがいたそうです。みんなにバレるのが恥ずかしくて、
    誰にも助けを呼べなかったんじゃないか…って、ゆたかが言ってました。
    ・・・それ誰さ?みならいかのん

    あたいはむずかしいことはよくわかんないけど、
    指さ切っちまう事案とかなかったんかいな?なのだ。
    子供・老人が扱えない商品だから、消えてしまった、
    または紙パック製品が台頭してきたからなのか?なのだ。
    ・・・ライターも高齢者には硬くって扱いにくいらしいのだつるみん

    • kaikoshumi より:

      はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん様
      コメントありがとうございます。

      確かに缶のジュースは「穴を二つ」開けないと飲めませんね。

      或いは近年の製品のように穴が1つでも口をつけても充分に空気が入るだけの大きさ・形状の穴でないと。

      この「指で押して・・・」は極めて短命だったんです。
      正確にどのくらいの期間か、はわかりませんがアイディアは斬新でもやりにくいので世間に受け入れてもらえなかったんでしょうね。

      だからこの時代を過ごした方でも知らない人が多いのだと思います。

      当時高校生だった私も最初は斬新で面白かったと思いましたが、でもやはり開けにくいんです。
      力だけあってもダメで微妙な角度とかあるのです。

      メーカーも試行錯誤だったと思いますが、何処かにこの缶は展示されていないかな?とか思ったりします。

  2. ぢゅめ より:

    指で押して穴空けるのは
    森永から販売されていた
    サンキストのオレンジ・グレープフルーツ・レモンの缶があって、他のメーカーでは
    記憶にございませんσ^_^
    でも 短期間で無くなりましたよね。

    • kaikoshumi より:

      ぢゅめ様
      こんにちは。コメントありがとうございます。

      このジュースを知っている人に初めて出会えました!
      感謝感激です!

      そうですね、森永サンキストでした。
      確かに極めて短命でした。試験販売かはたまた売れなかっただけなのか判りませんが今思いだしてもすごく斬新であったことは事実だと思います。

      ご訪問ありがとうございました。
      また当サイトにお越し下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ