Sponsored Link

横浜・日吉の赤門坂にあった中華料理屋の六番

私のテリトリーの横浜・日吉にあった中華料理屋の六番

横浜の日吉は私が青春を過ごした街です。

日吉駅から普通部通り(慶応普通部があるのでこの名称)を通り赤門坂(あかもんざか)を下る途中に中華料理屋・六番がありました。

 

正確な時期は忘れましたが1980年代前半のことです。

場所の概要は以下です。
(クリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで記事にお戻り下さい。)

Hiyoshi_6ban

ご存知の方は判ると思いますが、赤門坂はカーブがやや多めできつい勾配もある坂ですね。

この途中に六番がありました。

はっきりした場所は覚えていませんが、坂を下る方向の左手にありました。

今は崖を切り崩してマンションなどが立ち並んでいます。

このお店に寄るのはいつも飲んだ帰り道でした。だから昼間は判りません。

もしかしたら夕方以降しかやらないお店だったかもしれません。

当時私が飲む場所は8割が渋谷、2割が自由が丘で日吉駅付近で飲む事は年に2~3度でした。

酔っ払って坂を下りながら「中華」とか「ラーメン」とか書いてあるとついつい寄りたくなるのが酔っ払いの悲しい性・・・。

 

頼むメニューは大体決まっていて、ラーメンかチャーハンでした。

何れもシンプルな何処でも有り気な味だったんですが、とても好みの味で美味しかったです。

お店のマスターはかなり体格の良い40歳代くらいの黒縁のメガネをかけて、坊主頭に近い刈上げた清潔感のある方でした。

 

話したことはありませんが、無口でもくもくと料理を作っていたのを思い出します。

中華料理・六番のヒミツ・・・

敢えて思い出すことも無いような普通のラーメン屋という感じですが、印象的なのは店内の壁に貼ってある数箇所のメニューに並んで、

【ビールやお酒は一人3本までです】

と大き目の字で書いてあるのです。

 

想像ですが、店主は酔っ払いとトラブルがあったりしたのかもしれません。

飲食店であれば多少はそういうこともあるとは思うのですが、敢えて店内何箇所にも書いてあるということは店主が過去に相当嫌な思いをしたのかもしれません。

気持ちはわかりますが、客としてはこういう表示はあまり印象がよくありませんね。

でも飲んで帰る時についつい寄りたくなる店だったので無くなったのは残念です。

確か2年前後でつぶれてしまったと思います。


以下に参考として2011年10月現在の赤門坂の写真を載せておきます。

少々古い写真で恐縮ですが、日吉を離れてなかなか行けない人には懐かしく思って頂けるのでは?と思いました。

(各写真はクリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで記事にお戻り下さい。)

P1010243_R

Akamon-top_back_R

Akamon_top_R

Akamon-down_R

Akamon-Konzouji_R

スポンサーリンク


2 Responses to “横浜・日吉の赤門坂にあった中華料理屋の六番”

  1. しん より:

    懐かしいですね。私も中華六番で何度か食事しました。

    ここの麻婆豆腐は水溶き片栗粉をあまり入れないのか、サラサラした麻婆豆腐で、しかもお皿になみなみと入っていたのが強い印象として残っています。そんな麻婆豆腐、また食べてみたいと思うのですが、ここのご主人、どこかでまた店をやってないですかねえ。

    • kaikoshumi より:

      しん様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      六番に行かれたのですね!

      あまりにもマイナーすぎるお店&本記事なので誰も見てくれないかな・・・と思っていましたが思いでを共有できる方がいらっしゃったのはとても嬉しいと思います。

      本サイトには他にも南日吉関連の記事もたくさんありますのでぜひご覧下さい。
      (タイトル直下の「メニュー」の記事一覧からお探し下さい。)

      ご訪問ありがとうございました。
      またお出でくださいませ。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ