Sponsored Link

特急あまぎ(東京発伊豆急下田行き)

多彩な列車が数多く走っていた1970年代の伊東線

東京から伊豆半島東岸に向かうリゾート列車として今は「特急 踊り子」がありますね。

豪華なスーパービュー踊り子も走っています。

現在は伊豆に向かう優等列車は上記の2本立てですが、1970年代までは特急と急行の2本立てでした。

急行があるからこそ特急がある、という本来の正常(?)なパターンだったのではと思います。


当時の特急は「あまぎ」: 157系電車

急行は「伊豆」: 153系電車


このほかにも臨時含めて急行列車の「湘南日光」「常磐伊豆」「おくいず」などが走っていました。

東北本線や常磐線から東海道線経由で伊東線に入るんですから、今の上野東京ラインの先駆けでもあります。

上記の中でも私にとって一番印象深いのは「特急 あまぎ」でした。

国鉄の中では異色とも言える「特急 あまぎ」

私は静岡県伊東市に親戚があります。

幼少の頃には親に連れられて東京駅から伊東駅までは大抵「特急 あまぎ」を使っていました。

帰りは時間の関係なのか「急行 伊豆」が多かったと思います。

私が利用していた「特急 あまぎ」157系直流電車で、元は日光に向かう列車として使用され、その後は東京~大阪間の「臨時特急 ひびき」などにも利用された車両です。

またお召し列車としても使用されたことがありました。

残念ながら手元に写真はありませんが、国鉄特急の塗りわけながら、私鉄特急を思わせる前面とヘッドマークはとても大きな文字で【あまぎ】と書かれていたちょっと異色の特急電車でした。

どうみても当時の国鉄車両という感じはなく、私鉄の有料特急という感じでした。

でも車内設備は典型的な国鉄型でしたけどね。

なお157系の写真と動画は以下に発見したもののリンクを載せておきます。

他にも検索するとたくさん出てきます。リンク切れはご容赦下さい。

あまぎの動画(1976年2月)

あまぎの画像(1975年)

東京を出ると横浜・小田原・熱海さえも止らない硬派特急あまぎ

一番印象に残っているのは、

「東京を発車すると次の停車駅は伊東線の網代」

なんです。

横浜、小田原、熱海さえも止りませんでした。

子供心にびっくりでした。横浜のような大都市はもちろん新幹線が既に開通済みであった小田原や熱海も通過なんです。

でも1972年のダイヤ改正では横浜停車が追加されています。

でも「これぞ特急!」、「これぞ観光地直通特急!」という硬派ぶりは今に至るまで他の列車でもなかなか無いのではないでしょうか?

JRになってからも最初は速達性を生かしたダイヤの列車でも、翌年とかのダイヤ改正からどんどん停車駅が増えていき、当然所要時間も延びていくというパターンばかりなので、そうでない極限まで停車駅を絞った列車があっても良いと思うんですけどね。

まあ需要や経営の考えなどもあるのでなかなか難しいとは思いますけれど。

そして「あまぎ」に乗って品川を出るとどんどんスピードが上がり、最高営業速度は110km/hでしたが子供心に「なんて早いんだ!」と驚いたものです。

まあ当時は西武線沿線に住んでいて、急行などもカーブと踏切が物凄く多くてノロノロ運転ばかりだったので、「あまぎ」の早さは驚きでもありました。

 

なお「帰りは時間の関係からか急行伊豆の利用が多かった」と書きましたが、153系のボックスシートも当時の私には新鮮で楽しかったです。
そしていつも東京行きの「伊豆」が熱海に近づくと決まって同じアナウンスがありました。

「まもなく熱海です。三島方面と新幹線はお乗換えです。なお熱海で新幹線に乗り換えると東京にはこの列車よりも1時間早く着きます。」

と。

乗るたびに聞いた記憶があるので、多分営業戦略として車掌に言うように指導されていたんでしょうね。

 

私は熱海で新幹線に乗り換えたのは1度くらいしか記憶がありません。

特に急いでいたわけではなくて、単に親に「新幹線に乗りたい」とお願いをしたからだと思います。

デビュー当時の【あまぎ】のような速達性と私鉄特急っぽい列車が1本くらいあっても良いのでは?と思う今日この頃です。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ