Sponsored Link

北海道 比布(ぴっぷ)駅の思い出

味のある駅名の北海道・比布駅

北海道 宗谷本線にある比布(ぴっぷ)駅は大変に味のある駅だと思います。

1980年ごろに「ピップエレキバン」のCM撮影が行われて、全国的に有名になりましたので行った事がなくてもご存知の方は多いかと思います。

比布駅の場所はこちら(Google map)

実はこの駅の駅舎は昨年に取り壊されてしまいました。

駅舎を新しくするためです。

前の駅舎は築80年を越えていたそうです。

でも味のある駅舎で、田舎の駅にしては比較的駅舎の規模も大きく好きな駅の一つでした。

思い出と味わい深い比布駅

ピップエレキバンのCM撮影は確か1980年(昭和55年)だと思いますが、私がこの駅を初めて「通過」したのは1976年8月、駅に降りたのは1977年8月なので、CM撮影よりも前です。

何となく駅名の面白さに惹かれて降りたくなったのです。

当時宗谷本線には特急はなくて、優等列車は急行だけでしたが、その急行も止りませんでした。

 

でも旭川に比較的近いので、その前後の旅程が立てやすかったんです。

もしどうしても列車の時刻に合わなければ片道をバスにして旭川とアクセスすることも出来ます。

降りた時の印象は「わりとでかい駅舎だな」ということでした。

駅舎の色ははっきり覚えていません。

本記事に添付した写真は2013年ですが、こんなピンクっぽい色ではなかったと思います。

もっと暗い色、黒ではないけれどこげ茶色みたいな感じだった気がします。
(かなり曖昧な記憶です)

 

確か駅員はいたと思います。

駅の西側は畑か原野で何も無かったんですが、東側は住宅が多く意外にたくさん人が住んでいるのでは?と思いましたが、日中でも街中を歩く人は極めて少なく静まり返っていた記憶があります。

お店も殆どないし、観光資源もスキー場くらいみたいなので駅に戻り待合室とホームを往復して時間を潰していました。

でもピップエレキバンのCMをやってからは大変な人だかりのようですね。

CM開始後の混雑時に降りたことはないのですが一時期は待合室、ホーム共に人があふれていたようです。

また待合室の中には一時喫茶店も営業していたんですね。
これは大分後に知りましたけれど。

 

その後添付写真のように2013年4月に行ったんです。

印象は「変わっていないけれどこのピンク色は何?」と思いました。

ここはイチゴの産地なのでそれを現しているのでしょうか?

イチゴの真っ赤だと派手すぎるから薄いピンクにしたとか・・・。

新しい駅舎は今月末(2016年2月)に完成するらしいです。

もしかしたら3月半ばに旭川方面に行くので見れるかもしれません。

なお本年1月11日現在の比布駅の動画がありましたので参考にどうぞ。

2016年1月11日現在の比布駅(YouTube)

 

以下は私が2013年4月に訪れた時の写真です。

(クリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで記事にお戻り下さい。)

P1030726_R

P1030730_R

P1030723_R

P1030725_R

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ