Sponsored Link

急行・八甲田の思い出

東北本線の名列車・急行八甲田

かつて東北本線を「急行八甲田」という列車が走っていました。

私は北海道に行くときはいつも八甲田に乗りました。

理由は1982年までは北海道ワイド周遊券では特急が乗れなかったことと、単にこの列車が好きだったということでもあります。

上野を19時過ぎに発車して青森着は明朝の6時過ぎでした。

つまり11時間もかけて青森を目指すのです。現在の「東北新幹線はやぶさ」でしたらちょうど3時間ほどですので約4倍もの時間をかけていたわけです。

しかも八甲田は寝台はなくて全て座席です。

(もしかしたら一時期でも寝台が併結された時期もあったかもしれません)

 

旧型客車を使っていたときは向かい合わせのボックスシート、後に14系のような新系列の客車ではボックスではない簡易リクライニングシートになりましたが、乗車時間を考えると14系でもシートピッチは狭く苦痛と感じたこともありましたね。

他にもたくさんの特急や、急行が走っていましたが八甲田北海道連絡用として重要な列車でした。

青森に朝6時過ぎに着くということは接続する青函連絡船は7時過ぎ(1970年~1980年頃のダイヤ)、函館到着は11時過ぎとなり、函館観光はもちろん札幌方面への列車の接続も非常に便が良いのです。

そのまま函館発の特急に乗り継げば札幌には夕方の4~5時前後に着くので1日を有効に使えます。

急行・八甲田の客層

八甲田は指定席も付いていましたが基本は自由席です。

夏や年末の時期にはいつも私は上野駅で3時間以上並んで自由席を確保していました。

理由は特に無いです。単に「若さゆえ」のパワーがあったからだと思います。

客層ですが夏はやはり若い旅人ばかりで、多くは北海道を目指していたと思います。

だっていつも八甲田車内で見かけた人が青函連絡船、そして函館からの札幌行きの急行や特急でも見かけましたからね。

東北を最終目的地にする人は昼間の特急を使っていたと思います。

年末の八甲田は首都圏に働きに来ていた人が東北の実家に帰るという感じの人ばかりでした。

若者の乗客の過半数は北海道に遊びに行く人が多かったと思います。

高速列車! 急行・八甲田

八甲田は毎回車掌が違っても上野発車直後には以下のアナウンスが流れていました。

「この列車は高速で運転します。網棚の荷物が落ちないようにお気をつけ下さい。」

高速、といっても最高速度は95km/hなのですが、乗ってみると納得します。

旧型/新型客車に関わらずカーブもかなりの速度で進入していきます。

だからです。直線だったら100km/h以上出したって網棚の荷物を気にするほどは揺れませんからね。

確かに急行八甲田「高速運転」だったといえると思います。

重心の高い旧型客車でもかなりの速度で走っていましたが、旧型だと揺れはかなり酷く、「恐い」と感じたことすらありました。

急行・八甲田の車内はカオス!

車内はいつ乗っても雑多な感じで肘掛や窓側に頭をもたれて寝ている人、酒を飲んでいる人、夜汽車の窓に映る自分の顔をずーっと見ている人、トランプなどを楽しむ若者のグループなどでまさに「カオス」という感じでした。

郡山か福島発車あたりから車内アナウンスで、「これからの時間は深夜帯に入りますので車内の電気を暗くします。貴重品にはご注意下さい。」と流れて車内の照明が減光されます。

「カオス」的時間は仙台到着の少し前くらいまで続きます。仙台到着は0時半くらいだったと思います。

でも特に夏は仙台からかなりの乗客が乗ってくることがあり、「こんな夜中なのに!」と驚くことも多かったです。

仙台を発車してからは流石に殆どの人は寝てしまい、若者のグループでも起きている人は極端に少なくなります。

そして深夜の東北本線を北に向かってひたすら走り、八戸を過ぎたくらい(5時前後)から起きる人が増え始め、浅虫(現、浅虫温泉駅)では全員が下車の準備完了という感じで陸奥湾を眺めて青森到着を待ちました。

そして青森に着くと、連絡船に乗る人は駆け足でホーム先端方向に向かいました。

連絡船に乗る人(私も含め)はとにかく列車を降りると乗り場のほうに走るので、夜行列車で本州最北の街にたどり着いた、なんていう旅の余韻を楽しむ人は少なかったです。

連絡船乗り場に走るのは、出航までに時間があっても良い席(カーペット席含め)を確保したいからです。

繁忙期は少しでも後になると、カーペットの端のぎゅうぎゅう詰めの場所に追いやられてしまったりします。

お盆の時期は最悪の場合甲板しか身を置く場所が無いこともあるんです。

また乗船前には1人一枚の「乗船名簿」を書かなくてはなりませんのでこの時間も考慮していたんです。

急行・八甲田MOTOトレイン

JRになってからだと思いますが、八甲田の最後部にMOTOトレインというバイクを運ぶ車両が付いていた時期がありました。

これにはライダー用の寝台車も含まれています。

八甲田は青森止りですが、MOTOトレインは津軽海峡線を通って函館まで直通します。

「快速・海峡」に併結されるのです。

ですから乗ったまま津軽海峡を越えられるという大きなメリットがあるのでライダーたちには大好評だったようです。

でも1990年代の前半~半ばにはなくなってしまいました。

 

以上、急行八甲田の思い出でした。

恐縮ながら当記事では載せられる写真がありません。

でも乗ったことのある人ならば共感していただけたのではないかと思います。

スポンサーリンク


12 Responses to “急行・八甲田の思い出”

  1. Morris_1979 より:

    はじめまして。高校2年の夏休みに一度だけ、北海道ワイド周遊券を利用した旅行の往路で八甲田号(旧客)に乗車しました。期待と興奮であっという間に11時間が過ぎてしまいました。ノンダクレー様は何回も乗車経験がおありで、羨ましい限りです。
    拙い出来ですが当時の録音と写真をYoutubeにアップしましたので、お時間あればご笑覧ください。

    • kaikoshumi より:

      Morris_1979 さま

      こんにちは。コメントありがとうございます。動画早速拝見しました。素晴らしい!の一言です。昨日のように記憶がよみがえってきました。上野駅の雰囲気最高でしたね。
      私も多分探せば押入れの奥に写真はあると思います。
      なお私も鉄道YouTubeやっております。よろしければ・・・

      https://www.youtube.com/user/TKTK43

      あとそちら様のYouTubeチャンネルを登録させていただきました。
      「懐古趣味で何が悪い!」ともどもYouTubeもごひいきに!

  2. Morris_1979 より:

    ノンダクレーさま、チャンネル登録していただき、ありがとうございます。貴チャンネルも登録させていただきました。
    私が乗車したのは盆休み前で八甲田号の車内はほぼ満席でしたが、カオス状態までは行ってなかった気がします。私の動画で、あの頃の上野駅を思い出していただければ嬉しい限りです。各ホームのアナウンスやターレットの走り回る音、寝台車とグリーン車からはディーゼル発電機の音が聞こえ、人々のざわめきと混じり合って非日常的な空間と化していた。あの空間が恋しくなり、夜の上野駅地上ホームをカメラ片手に徘徊しに行ったことが何度もありました。

    • kaikoshumi より:

      Morris_1979さま  登録とコメントありがとうございます。
      上野駅のターレット、懐かしいですね。今はさすがにもうないんでしょうか?
      あの時代の上野駅ほど昭和を感じさせる駅は無いと思います。

      そして「八甲田」も。
      私の生活の拠点は東京・横浜から札幌になりましたがYouTubeともどもよろしくお願い申し上げます。

  3. ななしの函館 より:

    懐かしい話ありがとう。
    自分も平成に入ったばかりの頃、盆と暮れにはお世話になりました。
    当時は函館ー都区内の乗車賃が約1万、青森ー上野の急行券が500円で航空券の1/3でしたから。しかも真冬の飛行機は当てにならない事も多かったし。

    • kaikoshumi より:

      ななしの函館 さま

      ご訪問とコメントありがとうございます。
      やはりこの列車は多くの方が使って数々の思い出を作っていらっしゃっていますね。

      本当に八甲田は「夜行らしい」、「急行らしい」名列車でした。
      真冬にも何度も乗りましたが雪による遅延は無かったと記憶しています。

      この度はありがとうございました。
      またお越しくださいませ。

  4. ねこの山 より:

    急行八甲田…青春の思い出です。
    中学校時代に青森・十和田ミニ周遊券を使って一人で旅した時に乗車して以来、廃止になるまで格安の移動手段として利用していました。私が乗った時には14系になっていましたが、混雑時には背中合わせになった椅子の下にできた空間に新聞紙を敷いてそこに横になって寝ていることもありました。いろいろな人が乗り合わせ、雑然とした雰囲気がまた夜汽車らしい列車でした。もうあのような列車は走らないのだろうと思うと、とても残念な気持ちでいっぱいです。

    • kaikoshumi より:

      ねこの山様

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      確かに八甲田は夜行急行の王者だと思います。

      >・・椅子の下にできた空間に新聞紙を敷いてそこに横になって
      >寝ている・・

      →そうそう、こういう人もたくさんいましたね。
      上野で八甲田を外から見ると「席は埋まっているけれどそれほど混雑ではないのかな?」と思って乗車すると椅子の下、通路、デッキなど物凄い人が窓から見えない場所に溢れていました。

      まるで戦後の混乱期の列車みたいでした。
      とても重宝したし、思い出をたくさんくれた列車でしたね。

      この度のご訪問ありがとうございました。
      またお出で下さいませ。

  5. おっさん より:

    幼少期に両親の故郷北海道の帰省は八甲田、連絡船、急行宗谷がお決まりのパターンでした。目的地の倶知安に着く頃は疲労困憊でしたが60近くなっても鮮明に記憶に残っています。現在は効率性、利便性、ばかりを追及され鉄道の長距離移動は新幹線を使わなくてはならなくなり単なる移動手段になってしまい風情は消えて無くなりました。時間が掛かっても最低限の運賃で移動時間に様々な体験が出来た良き時代が懐かしく映像でしか振り返れませんが懐かしく見させて頂きました。庶民には縁遠い豪華列車等に活路を考える庶民の大切な足である鉄道には邪道な事を思い直して欲しいのです。

    • kaikoshumi より:

      おっさん 様

      コメントありがとうございます。
      (先日お問い合わせのメールでも頂いた方でいらっしゃいますよね?)

      日常の鉄路、帰省への鉄路として残ってほしい路線や列車はたくさんありますが、今は望むこと自体が間違っているのでしょうか?と言いたくなる時代ですね。

      豪華列車の存在は否定しませんが、庶民はどうしたら良いのか?としみじみと思うことが多々あります。

      せめて身近な各駅停車は無くしてほしくないな、と。

      またおいでくださいね。

  6. より:

    2019年夏
    『イベント列車として7月27、28日に秋田-青森間に臨時急行「津軽」を計4本運行し、うち1本は夜行列車。』とのこと。「八甲田」を、思い出し検索、こちらの文章を読ませていただきました。感情が溢れて来て、浸っています。あの時期がどうであったかと言う事は無く、ただ押し寄せてくるイメージとか、更に遡って幼少期に見た東北本線旧駅舎、駅の匂い、汽車の音。文章から、色々と膨らんできました。ありがとうございました!

    • kaikoshumi より:

      い様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      今夏に津軽が臨時で復活ですか!びっくりです。
      「1本は夜行」って秋田~青森なのかな?近すぎますね。
      それとも上野発?

      八甲田は本当にカオス、そして急行らしい列車の真打でした。

      私も関連した数々の思い出が蘇ってきます。
      また八甲田で旅に出たいな、と思うのです。

      このたびのご訪問ありがとうございました。
      またお越しくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ