Sponsored Link

駅で野宿の思い出

駅で野宿を何度もしました

野宿という言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか?

大体以下のようなものでしょうか。

・キャンプ(テントで寝る)

・車の中で寝る

・山に行ったときに洞窟や岩の陰で寝る(寝袋併用)

 

まあ以上が王道だと思います。

私は上記のうち「車の中で寝る」しか経験がありません。

キャンプは無いけど駅での野宿は何度もあります。

ちょっと変ですね。

 

私が駅で野宿をしたのは19~22歳ころですべて夏の北海道です。

時代的には1980年前後となります。

お金がないから、節約するためではなくて【単なる若気の至り/面白そうだから】という理由だけです。

多分私以外の人達も同じような理由だったと思います。

夏の北海道はすごく長い期間旅行する人も多いのでそういう人は純粋に宿代の節約だと思いますが、でも「貧乏」が理由で野宿をしていた人はいないと思います。

だって本当の貧乏だったら旅行なんて行きませんからね。

寝袋だってけっこうよい値段ですし。

 

ところで今は駅で野宿なんて出来ません。それどころか直ぐに警察に通報されてしまいます。

1980年前後、或いはもっと前の時代は駅で野宿をしていた人はたくさんいます。

でも当時でもスムーズに問題なくというわけではありませんでした。

関連記事:ヒッチハイクの思い出

私が野宿をした駅をご紹介

記憶の範囲で書くと以下の駅で野宿をしました。

特記事項が無ければすべて駅舎外の軒下で寝ました。

写真はすべてクリックで拡大します。




 
●旭川駅

言わずと知れた都会(大都会と言ってもよいと思う)。よくもまあこんなところで寝たというか寝かせてもらえたと思いますが、寝ている人がたくさんいましたので逆に安心しました。

旭川は今は全面ガラス貼りの近代的なビル形式の駅ですが以前は以下のような駅でした。

(2010年撮影。新駅舎建設中の旧駅)

2010

 

●稚内駅

今はとてもきれいな近代的な駅ですが以前の駅は写真のような駅でした。

撮影は2008年です。この駅もたくさん野宿組がいましたね。早朝の利尻/礼文行きフェリーに乗るのかもしれません。

なお木でできた「日本最北端」と「稚内駅」のプレートは新駅にも引き継がれています。

2008

●根室駅

写真は2003年撮影で、工事中なのかカバーがかかっていますね。

2003

●深名線 湖畔駅(既廃止線)

1980年8月です。

函館本線の深川駅から深名線(しんめいせん)の最終列車に乗って当該列車の終点である朱鞠内(しゅまりない)駅で野宿する予定でした。

たった1両の古ぼけた気動車に乗り、私以外は殆ど乗客は限りなくゼロに近い車内で、運転席を覗きに行ったら車掌さんも運転席にいて何やら世間話をしていました。

当時はJRではなくて日本国有鉄道(JNR)で、1両の普通列車でも車掌さんが乗っていました。

車掌さん、運転手さんからすれば私がもの欲しそうな顔に見えたのでしょうか?

「中に入れよ」と言って運転席に入れてくれました。

これは驚きましたが大そう感動しましたね。「どこから来たの?どこ行くの?」と話しかけてくれました。

でもさすがに「ちょっと運転してみるか?」とは言われませんでしたけどね。

 

そして22時過ぎ頃に終着の朱鞠内駅に到着。

この駅まで乗ったのは私一人でした。

少しでも就寝時刻を遅くするために(注:寝袋を使っても硬いコンクリートの上では長時間眠れないので)駅待合室で置いてある漫画を読んでいたら駅員さんが「閉めるので出て行ってくれ!」とぶっきらぼうな言い方・・・。

私一人しかいない駅で周辺には民家がポツポツとあるだけで明かりも殆どない場所です。

私が駅員さんに「すみません、駅外の軒下で寝ていいですか?」と聞くと、「ダメ! 線路沿いに沿って歩いていくと湖の方に出るからそちらに行けば旅館とかあるからそっち行って!」と冷たくかつごもっともなお言葉で追い出されてしまいました。

街灯もろくにない道をトボトボと歩いていきます。

湖(朱鞠内湖)の方って確か5~8kmくらいあったはずです。

でも当時は若さとパワーと好奇心が有り余っていたので真っ暗闇で殆ど車も通らない道でも平気のへっちゃらでした。

小さい懐中電灯も持っていましたし、雨が降らなかっただけでもラッキーでした。

途中円形状の不思議な建物が見えてきました。

これは朱鞠内小学校なんです。今でも建物は残っていて「ふれあいの家まどか」という宿泊施設として使われています。

 

軽い山越えをして下ると線路が見えてきて待合室のある無人駅が見えました。

ここは「湖畔乗降場」という簡易な駅なのです。

この乗降場があった場所はこちらです。(Google map)

板張りの【台】という言い方がぴったりのホームと、ホーム上に【小屋】と言ってよい簡素な待合室があります。

今日はここで野宿しよう!と決めて早速待合室中へ。

するとなんと先客がいるではありませんか!

二十歳くらいの男性が寝袋に包ってびっくりしてこちらを見ています。

「相部屋にさせてください」(??)とあいさつして私も寝袋を出して狭い長椅子の上で寝ます。

先客の方は大阪から来た学生で、私と同じく朱鞠内駅を追い出されてきたそうです。

周辺は真っ暗で車も殆ど通らない漆黒の闇なので先客がいて安心しました。彼もきっとそう思ったでしょう。

 

次の日は6時代だったと思いますが、始発の名寄行きに乗って名寄方面に行きました。

でも先客の彼は深川に行くのか、のんびりするのか覚えていませんが始発には乗らずに寝ていました。

この湖畔乗降場での野宿が一番思い出に残っています。

駅で野宿をするリスクなど

とにかく今の時代は駅で野宿など絶対に考えてはいけません。

通報の他に場所によっては荷物などを盗まれる可能性も高いからです。

当時も荷物や貴重品を守るために私はいつもリュックを枕にして寝ていました。

財布などの貴重品は寝袋の足元の方に入れて寝ます。

このようにしておけば財布を盗まれることはまずありえませんし、リュックも枕替わりなので誰かが悪戯すればすぐに目が覚めます。

幸い一度も物騒な目にはあいませんでしたが、それは「たまたま」だったと今でも自分に言い聞かせています。

なお寝袋と枕(リュックなど)を使っても地面で寝るというのは大変に寝心地が悪く、腰などが痛くなります。

また旭川などの大きな駅で寝ると深夜まで人の歩く音がもろに脳みそに伝わってくる感じでうるさくてたまりませんでした。

「だったらユースホステルや旅館で寝ろよ!」と怒られそうですが。

 

まあ良き青春の思い出でしたね。

スポンサーリンク


2 Responses to “駅で野宿の思い出”

  1. はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん より:

    自転車をかじってた(食い物ではない)自分とゆたかは
    (会員になる前は)野宿・駅寝・軒下寝は当たり前で、
    親に「好きなことやっていいから、せめてYHの会員になってくれや!」
    と懇願されたいきさつがあるので、下記のことや「会員になれ!」と言える資格はないですが、
    よき思い出として独断と偏見でいたずらくがきします。
    (今じゃ、親の気持ちが本当によ~くわかります)

    野宿・駅寝等で必要なのは、水と便所・テント持たないときは、
    雨風(雪の場合は保温も)しのげる場所です。
    内地の駅は、当時は東北でも駅前に水道があったのですが、
    北海道にはトイレがあっても水場がなかったことが多かったので、
    「ビックマン」4ℓ(←お分かりと思いますが)、または2ℓ×2に、
    主に小・中学校でお願いして(無人だったら黙って)
    給水して、駅または理解が得られればその学校で、
    泊まらせてもらいました。申しあげておきますが、
    今じゃ完全に不審者確定です、検挙ものです。
    むかしとは言え、よくそのようなことに応じていただいたと感謝です。
    そういったものの名残っていうか、地図の「文」マークには目が行きますし、
    道楽・性癖?としての閉校した場所めぐりとなっている…みたいです。
    ・・・「廃墟めぐり」とはちょび違いますはじめっち他一匹

    盛岡とか夜行が通る大規模駅では24時間営業で待合室が開いてたんすが、
    当たり前すが、保安上の問題から帯広とか一時閉鎖する駅が増えていったのす。
    真冬の帯広の外2時間はホントにキツかったでんす。
    それでも道北のある駅では24時間施錠せずに、凍結防止用の暖房がたいてあって、
    わるいなぁと思いながら、休ませてもらったこともあったっす。
    一番初めに駅寝したのが、備後落合というところで、
    始発の列車に乗るために待合・仮眠をとるために待合室にいたら、
    泊めてはくれたけど、ストーブの火は消されて待合室が5℃くらいに下がったのには参ったす。
    (外は-5℃以下だから、感謝ものっすけど)
    当初、夜行が1時台~3時近くまで停車するんで、
    24時間ストーブつけてるのかなと思ったすが、
    乗降客0の実質上運転停車扱いで列車来た時だけ部屋が明るくなっただけ…甘かったっす。
    警察にも2度関わられて、米原ではホームレスさんたちと寝ていたら、
    警察さんに尋問されてコインロッカーの荷物全部見せられて…
    その時の滋賀県警の警察手帳がテレビで見るのと違って縄で結わえてある手帳(なのかアレ?)で
    偽造?ニセ警官・刑事と思ったのす。コインロッカー代払ってくれたから本物かもす?
    鳥取の福部という駅は駅舎の駅の窓ガラスがほとんど割れていて、
    (今急速になくなりつつある)ホームの待合室で寝ていたら、
    午前3時ごろに警察に尋問されて自転車荷物の確認を要求されて、最後に
    「ここは暴走族が来るから気をつけなさいよ」・・・
    それで窓ガラスがなかったんすか…そのあと眠れなくて早朝即出発したっす。
    ・・・まさか警察に2度守られてたっすか?ゆたか

    上記あほの2匹は危ないことはしていなさそうですが、
    酔うとよく、「白老駅舎前で野宿したとき、
    朝の通学時に短いスカートの女子高生たちが寝てる前を気にせず歩いてくのっす、
    見えちゃわないのかと心配したけど見えなかったのす。」と自慢?すっけど、
    見えないようにできてるし、短いレギンスか
    見えていいパンツ(下着じゃないよ!短パンみたいの)はいてんだよ!
    中年ってば、ホントどうしようもないです。
    ・・・このばか!みならいかのん今なら通報もんです!

    あたいはむずかしいことはよくわかんないけんども、
    まだあたいらが「やみにかーくれて生きる」妖怪〇〇だったころ、
    島ノ下という駅の「駅ノート」っていうものを見に行った時、
    駅寝しているチャリダーに遭遇しちゃったのだ。
    マイナーな性癖なんで人のいない深夜に「駅ノート」徘徊してたら、
    熊みたいな塊(寝袋と自転車・荷物)さ暗闇に見つけて思わず声「わーっ!」なのだ。
    起こしちゃったみたいだども、いろんな意味で怖くって怖くって、
    「ごめんなさい」も言わずに出てきてしまったのだ。
             ・・・・・
    …んでも待てなのだ、お互い列車に乗らない「本来の駅利用者」じゃないのだ。
    「寝てるチャリダーに失礼だろ!」って言いそうな
    はじめっち・ゆたかはどういう見解なんだろなのだ。
    闇の住人のあたいらよか、クマに似たチャリダーのほうが地域住民に迷惑なんでないだろかなのだ。
    ・・・広い心が持てないつるみんなのだ

    • kaikoshumi より:

      はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん様

      コメントありがとうございます。
      皆様がご経験されたことを読むと「プッ」と噴出すと共に自分の思い出と重なり懐かしいです。

      野宿=地面で寝るというのは不思議な世界が見えてきますよね。
      そして人通りがある場所だとちょっぴり罪悪感も感じたりして・・・。

      でも様々なことがありましたがかけがえのない思い出ですし、今の自分に多少でもプラスにはなっていると思います。

      皆様の楽しいお話ありがとうございました。
      また来てくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ