Sponsored Link

1960 ~1970年代の東京は大雪が当たり前!

昔は東京も一冬に何度も大雪が降った!

最近、東京(首都圏)は1月に大雪が降って交通がマヒしたり、転んで大けがをする人が多発したりしますね。

雪国ではないので雪に慣れていない、弱いのは当然です。

年に1~2度の大雪のために雪国並みの設備を投入するわけにはいきませんからね。

 

↓2013年1月の横浜駅前の風景(クリックで拡大します)

snow_001

snow_002

 

でも東京も1960~1970年代は一冬に大雪が何度もあって、しかも今よりも雪が多かったんです。

もっと前の年代はさらに多かったのかもしれませんが、私が生まれてからの年代で言うと上記となります。

そのころ私は練馬区の西側の方に住んでいました。

上石神井や大泉の方です。だから23区でも田舎の方なのですが別に山に近い場所というわけではありません。

当時は東京の中心部の方でも雪はものすごかったんです。当然電車やバスは動かない、大幅遅延となります。

 

これは私の思い違いかもしれませんが、最近の東京の大雪の日は昔よりもタイヤチェーンを付けている車が少ないように感じるのです。

昔の東京の大雪の日の方がもっとタイヤチェーンを付けている車が多かったように思います。

一冬に数回大雪が降る、しかしタイヤチェーンならば価格も安いのであらかじめ準備しておく車が多かったという事なのかもしれません。

昔と今の東京の雪の量と質はかなり違う

最近毎年首都圏を襲う大雪と、上述当時の東京の雪の違いは以下のようなものがあります。

一冬に大雪が降る回数は昔の方が多かった。12月末ごろに大雪が降ることもあったと思う。

一回に降る降雪量も圧倒的に昔の方が多い。

最近の首都圏の雪は水分を大量に含んだシャーベット状であるが、昔の東京の雪はもっと水分は少なかった。

程よい水分量だったので雪だるまや「かまくら」を作ったり雪合戦が出来た。

これらで遊ぶには雪の水分含有量に適量があり、多すぎても少なすぎてもいけない。

厳冬期の北海道のパウダースノーだとサラサラし過ぎて雪だるまや雪合戦の団子が作れない。また最近の東京の雪のように水分量が多すぎても難しくなる。

 

気象学に関して全くのド素人の私が思うには(無責任ですね)、東京の雪の量、降る回数が減って水分量が増えているというのは明らかにヒートアイランド現象で気温が上がっているからだと思います。


ちょっと脱線した話になりますが、ヒートアイランド現象でここ数十年で一番気温の上昇が大きい都市は東京ですが、二番目はなんと札幌市なんですよ。

札幌市は山中の方に行かなければ一冬で-10 度以下になる日は片手で数えるほどしかなく、かつ下がっても-12度くらいまでしか下がりません。

札幌市よりも東北の内陸側の気温の方が低いところが多いという事実もあるようです。

まあ札幌のビルの多さ、ススキノのネオンを見れば納得だと思いますが・・・。


 

最近のお若い人は東京で生まれ育っても「昔は23区内でも雪だるまや[かまくら]を作って遊んだ」なんて信じられないでしょうね。

もちろん地方都市の方だって信じられないと思いますが。

でも昔の東京は大雪の日の後にはあちこちの学校の校庭、公園に大きな(手のひらサイズではない)雪だるまや「かまくら」を普通に見ることが出来たのです。

スポンサーリンク


2 Responses to “1960 ~1970年代の東京は大雪が当たり前!”

  1. 匿名 より:

    そうそう。私も大泉ですが、雪かき必要くらい積もってましたよね。70年代。普通に学校に電車で通ってたけどな。
    80年代からは確かに積雪がなかった気がします。
    朝、通学の時に、霜柱とかも普通にあって、サクサク歩いて楽しんでたけど、今は地面とか畑とかないから、そんなのも見ないですね。

    • kaikoshumi より:

      匿名さま
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      大泉ですか!親近感を覚えます(笑)

      昔の東京の大雪は毎年の恒例でしたね。
      昨日(20180122)は4年ぶりの大雪だったようですが、でも毎年の大雪はなくなりましたね。

      またおいでください。
      ご訪問ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ