Sponsored Link

グリーングリーン(曲)が毎日かかる上北小

名曲グリーングリーンは給食時間用の曲?

さあ! 今回も当サイト名物の個人情報出血大サービス!

別の記事でも書いたのですが、私は1967年~1971年の7月まで東京都練馬区の上石神井北小学校に通っていました。

小学校5年生の2学期から新宿に引っ越したので卒業はしていません。

 

多くの思い出がある上石神井北小学校(以下、上北小)で特に忘れられないものとして給食時間があります。

特別においしい、或いは不味いという事もなく普通の給食だったのですが、給食時間に毎回同じ曲がBGM(?)としてかかるのです。

毎日ではなかったかもしれませんが、「またかよ!」っていうくらい言い方を変えると「耳にタコができるくらい」かかっていたのです。

それはアメリカの名曲、「グリーングリーン」です。

日本でも大ヒットして、今でもたまに耳にすることもあります。

題名は知らなくてもお若い方でも聞いたことのある人は多いと思います。

 

どのような曲かは以下をご覧ください。(以下は日本語の歌です。)

リンク切れはご容赦ください。もし以下が見れなくてもたくさんアップされています。

この歌詞は英語を訳したものではなくて、日本の完全オリジナルの歌詞だとのことです。

学校でかかっていたのは日本語の歌詞のもので、上記のYouTubeのものよりもややテンポが速かったと曖昧ですが記憶しています。

給食中のいわゆる「お昼の放送」は生徒が行うDJ形式のもので、

「では恒例の(?)のグリーングリーンをお聞きください!」

みたいな感じでした。

バナー

何度聞いても衝撃的な曲のグリーングリーン!

私に限らずクラスメートもこの曲は大変に衝撃的な忘れられない曲でした。

聞いているとアップテンポの明るい曲ですが、問題は【詩】にあります。

だって「パパが二度と帰ってこない・・」とかをサラッと歌うんですよ! 幼少の子供にはあまりにも衝撃的で「親が帰ってこなかったらどうしよう・・・」と心の底で不安がよぎったものです。

 

友人との会話でも「え??? 二度と帰ってこないの!」とよく話しましたし、「なぜ(ほぼ)毎日かけるんだろう?」としょっちゅう話題になっていました。

明るい雰囲気の曲だけあって日本語の歌詞は強烈すぎて私的には好きな歌詞ではありません。

曲は好きです。オリジナルを日本語に訳さなくてもよいですが、もうちょっと何とかならないものか?と今でも思います。

 

また上北小の下校時の音楽は蛍の光ではなくて、アニーローリーでした。

テレビも含めて学校外でアニーローリーを聞くと、「ああ、下校放送だね」といつも思っていました。

私は蛍の光よりもアニーローリーの方が哀愁があって好きです。

以下はオーケストラですが、学校で聞いていたのはピアノ曲でした。

私はピアノ曲の方があっている気がします。

(リンク切れはご容赦ください。)

 

上北小出身者で上記を知っている方は懐かしさが込み上げてくることでしょう。

上北小のサイトを見ると今でも校舎、体育館は私が在学時というか入学時から全く変わっていなくて驚きます。

現在新しいプールを建設中のようですが、今までのプールは私が小学校4年生の時に出来たものです。

また体育館側に元の校舎と直角方向にある校舎も私が在学中に完成したものです。

懐かしい以外の言葉がありません。何分築50年以上の校舎なのでいずれは建て直し時期が来るでしょうが、同小学校での思い出は消えることはありません。

スポンサーリンク


2 Responses to “グリーングリーン(曲)が毎日かかる上北小”

  1. ゆたか&みならいかのん より:

    すまねぇっす、「グリーングリーン」って言ったら、
    横浜大洋のトップバッター高橋雅裕のテーマじゃないんすか?
    ・・・あははっすゆたか

    音楽の教科書には、そのくだりは乗ってなかったような…です。
    ・・・大人になってから知りましたみならいかのん

    • kaikoshumi より:

      ゆたか&みならいかのん様

      グリーングリーンは日本人が勝手につけた歌詞がたくさんあるようです。
      様々なバリエーションがあって「まさにこれ!」というのもなさそうです。

      でも「パパが二度と帰ってこない」は学校以外でも聞いたことがあり、幼少の頃の衝撃が蘇ってきました。
      子供には刺激が強すぎました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ