Sponsored Link

おわいや

知る人ぞ知る【おわいや】

今の時代、「おわいや」という言葉さえ知らない人が多いと思います。

これは非水洗便所(いわゆるボットン便所)の糞尿を汲み取る業者のことを言います。
どちらかというと俗称で、漢字で「汚穢屋」とも書くそうです。(おわい屋とも)

関連記事: 恐怖のボットン便所

↓ボットン便所の一例
以下の便器の真下に大きな「便槽」があって、定期的にバキュームカーが汲み取りに来る。
汲み取り口は屋外の庭にあるのが普通。

「汲み取る」というと「柄杓(ひしゃく)で糞尿を汲み取るの?」と思われるかもしれませんが、私が知る時代は既に柄杓は使わずにバキュームカーで汲み取っていました。

↓バキュームカーの一例

画像引用元: 東邦車両株式会社 様

https://www.shinmaywa.co.jp/toho/index.html

 

上記の車両はタンク容量が1800L ですが、各種の容量があり大きいものだと10000Lとかもあるようです。

上記のような車両は今は糞尿のバキュームカー用途よりも灯油販売、ガソリン輸送、各種油や化学製品運搬用車両の方が圧倒的に多いかと思います。
ですから「おわいや」をご存知でないお若い方も上記のような車両は必ず見たことがあると思います。

↓汲み取りの様子

画像引用元: トラベルとらら 様

http://torabel-torara.sakura.ne.jp/the-world/

 

50年前後(以上?)前は以下のような3輪トラック(オート3輪)のバキュームカーもあったようです。

この時代は移動販売車(野菜、一般食品など)としても3輪トラックがたくさん使われていた時代で、当時東京都杉並区に住んでいた私もこの3輪トラックで野菜を売りに来ている業者をよく見かけました。
(家の近所にも八百屋はあったのですけどね)

画像引用元: THE・BEATLES世代のMINIライフ 様

http://1275gt.blog.so-net.ne.jp/

東京にもたくさんあった「おわいや」、そしてバキュームカー

東京、特に23区は全国でもあらゆる面で進んだ印象があるかもしれませんが、今から50年前後前または40年ちょっと前までは「ボットン便所」が多くあったのです。
今の23区内でもボットン便所のお宅があるかもしれませんし、基本構造はボットンだけど簡易水洗や簡易洋式に改造してご使用になっていらっしゃる方もきっとおありでしょう。

昔は当然バキュームカーが23区内を縦横無尽に走っていました。
つまり「おわいや」が都内にはたくさんいたのです。

私は産まれた場所は東京都杉並区、幼少期を過ごしたのは東京都練馬区なのですが、他の区も含めて東京といえども他地方都市とトイレおよびその他も大して変わらなかったと思っています。

あえて違うことを言えば「人の多さ」と「ビルの多さ」くらいだと思います。

今は東京と地方都市の差は人口くらいしかありませんが、昔から日本の中で東京が突出して進んだ生活環境があったわけではないのです。



バキュームカーのホースの先端のボール

どういうことかと申しますと、バキュームカーのホースの先端には使わない時(汲み取りをしない時)には何故かテニスボールまたは野球のボールが先端に付いていました。

幼少期(年齢一桁)の私にはこのボールが不思議でなりませんでした。

でもあとでよく考えてみると多分ですが、「車のエンジンをかけている間はずっとホースに吸引力(バキューム)があって、ホースで吸い込んだ糞尿が漏れないようにしている、しかしホースの先端に蓋がないとゴミや石なども吸い込んでしまうので、これらボールを吸引させて蓋代わりにしていた」のではないか?と思うのです。

(間違っていたらご指摘くださいませ)

不思議なこのボールは全国あちこちのバキュームカーで見ることが出来たようです。

「うちの地域は黄色のテニスボールばかり見かけた」なんていう書き込みもネットではあるようです。

ちょっとした大きな工夫という感じだったのでしょうか?

「おわいや」さんのご活躍に感謝

この「おわいや」という名称(俗称)は私のかすかな記憶をたどると幼稚園の同級生や親が口にしていた名称だと思います。

当時(1960年代半ば~後半)は誰もかしこも「おわいや」と言っていた記憶があります。

今もネットで検索するとたくさんこの名称が出て来るので、多くの方(ある一定の年齢以上の方)が頭の片隅から忘れられない言葉なんだなとちょっと共感と感動もしたりします。

でも一部の記事では「差別用語では?」という書き込みもあります。

この言葉が差別なのかどうか私にはさっぱりわかりませんし、そのような気持ちで使ったことは一切ありません。

 

幼少の頃は汚いではなくて「大変だよな」と本当にそう思っていました。

だって毎日お世話になる「ボットン便所」をきれいにして下さる方々だったからです。

幼稚園児だった私も「おわいや」さんを汚いと思うと自分の家、そして自分自身も汚いと決め付けることになると感じていました。

だから生意気かもしれませんが当時から頭の下がる思いだったのです。

 

 

前述したホースの先端のボールにせよ、私たちがわからない回収時のテクニックそして回収後の効率的かつ衛生的な処理方法も数多くの工夫があったことでしょう。
もちろんバキュームカーを作った人たちも含めてです。

彼らの努力が日本を世界一清潔な国にしたのは紛れもない事実です。

昔はもちろん今も少数派になりながらも活躍されていらっしゃる全ての方に尊敬の念をこめてありがとうございます、という言葉で本記事を締めくくらせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク


2 Responses to “おわいや”

  1. 会長どうぞ!!! ピップエレキバン!!! より:

    ノンダクレーさん
    産業廃棄物の業界では,まだまだバキュームカーは健在ですよ。
    たとえば,レストランの厨房の排水溝のグリストラップや大規模事業所の排水設備など,定期的に清掃をする必要があります。この時に汚水や汚泥をバキュームカーに吸い取ってもらいます。その活動時間は,人が活動していない,休日や早朝が多いので見かける機会は少なくなっているかも知れません。

    また,ボットン便所の吸い取り口には水を張ったバケツを用意しておくのが礼儀です。汲み取った後のホースの先をそのバケツの水で洗ってもらいます。

    • kaikoshumi より:

      会長どうぞ!!! ピップエレキバン!!! 様

      こんにちは。ご訪問とコメントありがとうございます。
      なるほど、産廃関連では使われているのですね。
      想像も付きませんでした。

      また「・・バケツを用意・・・」も初めて知りました。
      もしかしたら幼少時に見ていたけど忘れているだけなのかもしれませんが。

      またご訪問ください。
      ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ