Sponsored Link

ユースホステルで歌われた名曲

心に染みる歌を知れるユースホステル

ユースホステル(以下、YH)は近年数も大幅に減り、利用者も減りと寂しい限りの減少を続けてきましたが、特に若い方には一生忘れられない、あるいは人生を変えてしまうほどの経験を与えてくれる素晴らしい宿でもあるのです。

事実私は東京で生まれ育ち、横浜に長いこと住んで札幌に家族共々移住したのはYHでの旅の経験があったからなのです。

関連記事: ユースホステルの思い出と掟

YHでは夕食後(大体20時頃から)ミーティングという集まりがあります。
(もちろんないところもある)

ここではスタッフから(ヘルパーと言う)翌朝の説明、近隣の観光案内、交通の案内(バスや電車の時刻など)などのあとに皆で歌を歌ったり踊ったり、バカ騒ぎをしたりします。

YHによって内容や程度は大きく異なり、静かに話をしてお茶を飲んで終わりもあれば真っ暗な外で騒いで踊ったりもあったりします。

しかし近年ミーティングで歌を歌ったりバカ騒ぎをするYHは激減してしまい、ミーティングそのものもないYHが増えたようです。

 

時代の流れであり、人の嗜好の変化ですので否定もしませんし、当然のことと受け止めます。

しかし私はYHのバカ騒ぎ全盛時代を経験して、一番得たものは「多くの素晴らしい歌との出会い」でした。

ユースホステルで知った歌

YHで歌った歌と言うのはあくまでも私が泊まりまくっていた1970年代半ば~1990年ごろまでのYH全盛~YH下火時代のことです。

もちろん2018年現在も歌って騒いでというYHもあることにはあるようです。
(一番の好例は北海道・礼文島の桃岩荘→TVでもよく取り上げられる)

YHで歌われる歌は往年のフォークソングが殆どで、一部どこかのYHで生まれて各地に広がった名曲などもあります。

また曲は地域性がある程度あり、北と南では違うとかもあります。

 

私は一応北海道~沖縄までのYHを延べ300泊以上泊まっていますが、北海道と信州に偏っています。

そんな中よく歌われた、心に残った歌をいくつかご紹介いたしましょう。




●旅の終わり
全国のYHでの超定番曲です。(全国は大げさかも?)

この曲は確か北海道の礼文島で泊まった人(ヘルパー?)が作った歌で、旅人の心を捉えて離さない名曲中の名曲です。
あっという間に全国のYHに広がったと言われています。
元々は素人が弾き語りで作った歌ですがレコード(CD以前に)化されて多くの共感を得ました。

YouTubeなどにもあがっているようなのでご興味のある方は検索してみてください。
あなたが旅が好きで(特に一人旅)、観光以上のものを求めている方であればこの曲を聴けば必ず心に響く何かがあると思います。

信じられないかもしれませんが、この曲を聴いて涙を流す人も多いのです。

出だしは「夢のような、旅だった、遠い北の国の~」、最後は「こんなつらい旅なんかもう嫌だ、旅を終わろう、汽車に乗ろう」です。

●ねむるオンネトー
北海道の阿寒湖から南西方向の山中にある美しい佇まいの湖・オンネトーを歌った歌です。
これはオンネトーから4km手前の野中温泉YH(廃YH)にいたヘルパーが作ったと言われています。

私も初めて北海道を訪れた時から数え切れないほど野中温泉YHに泊まっていますが、やはり最初の1泊目でこの歌を「叩き込まれ」ました。
ギターのアルペジオコードから始まる美しい前奏、「夏の山に香る・・」と歌いだしてオンネトーと旅人を結びつけた美しいフレーズ、本当に心が洗われる曲です。

この曲もレコード化されましたしYouTubeにもあるようです。
ぜひ検索してお聞きいただければと思います。ただし北海道以外のYHでは歌われなかったようです。

参考記事: 野中温泉ユースホステル(北海道 雌阿寒温泉)

●ああ利尻島
北海道・利尻島での送迎でよく歌われる歌です。
どこの誰が作ったのかはわかりません。でも利尻島の「オシドマリYH」に泊まった時に「覚えろ!覚えないと帰さない!」みたいな感じで覚えさせられました。

今時「覚えるまで帰さない」なんて行ったら「パワハラ」、「虐待」、「人権侵害」と散々なことになりますが、昔のYHではこういう言い方も今で言う「お笑い」だったのです。

特に連泊者は船で稚内に戻る人のお見送り、稚内からやってくる人のお迎えが日課だったのでこの歌を覚えることが必要でした。
(離島は1泊で帰る人のほうが少ないです)

港の船の前でこの歌を大声で歌いながら踊るのですが、船に乗って見送られる方はこの歌を歌って踊りながら見送ってくれる人たちを見ると全員知らない人であってもなぜか目頭が熱くなったものでした。離島と船旅独特のものだと思います。

以下、曲の歌詞の抜粋です。(レコード/CD化はされていませんが、YouTubeで見送り風景で歌が聴けます。)

「稚内から船が行く~あれがうわさの利尻島~男も惚れるあの勇姿~」

●街
これは元々「高石ともやとザ・ナターシャー・セブン」が歌っていた名曲です。

高石ともやの詳細

ザ・ナターシャー・セブンの詳細

京都を舞台に(京都という名称は一切歌詞には出てこない)、心に染みるフレーズをスローテンポで聞かせます。

この曲は「釧路まきばユースホステル」(廃YH)でよく歌われていました。
他のYHでは私が知る限り聞いたことはなく、またなぜ釧路まきばでよく歌われたのかは分かりません。

参考記事: 釧路まきばユースホステル

初めて聞いたときにこの曲が大好きになり、カラオケにもあるのでよく歌います。

フレーズの主な部分は以下ですので、ぜひYouTubeなどを検索して聞いてみてください。

「下駄の音、路地裏通り~」

●哀しみのバラード
根田成一さんの名曲です。
40数年前のフォークの隠れた名曲ですが、いつの間にか北海道のYHで歌われるようになったのです。

「北へ、北へ、北へ行く船の~」

というフレーズが北海道への(おそらく)旅を連想させるからでしょうか?

北海道であればどこのYHでも歌われたわけではありませんが、しみじみと旅心をくすぐる曲で、単に旅の感動だけではなくて明日の勇気をくれる曲です。

この曲もYouTubeにはあるようですし、カラオケにもあります。

名曲、秘曲とも言える曲なのでぜひ聞いて頂きたいです。


他にもYHで歌われた歌は数え切れないほどあります。

YHは全世界的な運動(宿泊施設ではなく旅先の教育機関という位置づけがYHです)ですが、歌を歌いバカ騒ぎをしていたのは(過去であっても)日本だけだと思われます。

でもYH全盛時代に泊まって多くの隠れた名曲、または私が幼少時に興味を示さなかったけど青春期以降に聞いて感動したフォークソングなど私の人生や人格形成に大きな影響を与えてくれたのは【YHで歌った歌】であることは揺ぎ無い事実なのです。

これからもこれらの歌を常に心中で口ずさみながら毎日を送りたいと思います。
特に気持ちが落ち込んだ時は私を勇気付けてくれる良き親友であります。

スポンサーリンク


12 Responses to “ユースホステルで歌われた名曲”

  1. はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん より:

    自分が入会したのは1986年2月なので、そのころは歌い踊るミーティングはほぼなかったです。
    宿泊したYHで唯一本格的だったのは、88年の「浜頓別」で、
    ヘルパー3人ががギター・タンバリンなどのパーカスもって、
    浜頓のテーマ(忘れたけど)を大音響でやって、
    2~3曲、「雪山賛歌?」「若者よ?」など歌って、
    近くの観光案内、所有の自転車・カヌーの応募者募ったりした後に、
    グループの談話なんかに入っていきましたが、ほぼ100%の出席率だったと思います。
    けっこう楽しかったですよ。あの時の歌唱集、何処にいっちまったもんだか…
    ・・・塩狩YHは主にゲームでしたはじめっち

    むかし、「小平町望洋台YH」ってとこがあって、
    朝、朝食の準備ができたときに流れた曲が、
    「ユースホステルの歌」ってやつで、後にも先にも
    ここでしか聞いたことのないレアものだったのっす。
    ちなみに食事は2食とも家族と一緒に食べたのっす。
    ここでは、YH普及活動に一役買ってか、YHを題材にした漫画本が置いてあって、
    「サイクル野郎」はもちろん、西岸良平さんの「三丁目の夕日」のなかの「ユースホステル」、
    山科けいすけさんの4コマで「悪の秘密結社が
    日本の潜伏地で公安に絶対バレないところが、
    YHのミーティング」という下りは笑えたのっす。
    ・・・「ユースホステルの歌」ってばむずかしいのっすゆたか

    あたしはそういったミーティングの場に立ち会ったことはないので、
    どういう雰囲気・テンションなのかわかりませんが
    けっこうでかい声で歌えるもんだと、はじめっちやゆたかは言います。
    ・・・酒でも飲んでたんじゃないの?みならいかのん

    あたいはむずかしいことはよくわかんないけれども、
    あたいの主義として、ミーティングがあろうがなかろうが、
    YHにはお菓子と飲み物をもって談話室に行くのだ。
    こうすると、経験上、ホステラー?との会話がスムーズにいったりするのだ。
    んでもって、ゆたかとはじめっちは酒とかお茶っ葉とか、コーヒーメーカーを
    持参したりしてるのだ、なんのこっちゃなのだ。
    ・・・Meetingの補助品らしいのだつるみんお菓子は一人で食べることが多いのだ

    • kaikoshumi より:

      はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみん様
      コメントありがとうございます。
      「ユースホステルの歌」は題名だけ知っていますが聞いた記憶が全くありません。

      YHで歌うような歌ではなかったのかな?

      「小平望洋台」は泊まったことがありますが、やはり歌の記憶がないです。

      若いときはバカ騒ぎミーティングも楽しかったですが、行く先々で、となると流石に疲れます。
      静かにお茶でも飲んで・・・が一番だったかな?

      ああ、忘却の彼方に過ぎ去った思い出たちよ・・・

  2. いら かおる より:

    「旅の終り」について少し書きます。
    この曲は昭和45年に名大生だった舟橋俊久さんが作詞作曲、最初にレコードにしたのが3年後の48年、舟橋さんの友人の山名敏晴さんであることが現在でははっきりしています。
    しかし礼文島の桃岩荘の今年の歌になったのは発売以前の47年で、当時は作者不明の曲でした。でも舟橋さんも山名さんも、ユースで歌ったことは一度もありません。では誰がユースに伝えたのか?
    山名さんの話では46年の春に苫小牧を訪れた際に、「旅の終り」を地元の若者に教えたそうです。おそらくそれがまず白老YHに持ち込まれ、桃岩荘に伝わったり(ペアレントの妹さんによる)、別のルートで口から口へ、ユースからユースへと広まったのではと推測されます。このため歌詞やメロディーが舟橋さんや山名さんのとは微妙に変化していきますが、レコードになる以前の話であり、当時のユースどうしのつながりがいかに強かったのかがわかります。
    その後52年にレコードが競作となりますが、芹 洋子さんと菅原やすのりさんは歌詞を一部手直ししており、ユースバージョンは青木 清さん、オリジナルは山名敏晴さんと考えて、聞き比べるのもいいのではないでしょうか。

    • kaikoshumi より:

      いら かおる様
      コメントありがとうございます。
      私の大好きな、そしてYHで一番最初に好きになった「旅の終わり」のエピソードを知れてうれしいです。

      歌に限らずYHの口コミの速さというのはすごいなといつも思っていました。
      あっという間に北海道から沖縄まで伝わる感じです。

      でも今はYH会員人口自体が激減していますし、泊まる人も昔のようなホステラーはほとんどいないでしょうから今のYHは「口コミで情報が伝わる」というのはあまりないでしょう。

      SNS以前の問題だと思います。

      青木清さんは1977年8月に美幌YHでお会いしましたが、私より年上とはいえ、とても素敵なお兄さんで彼の生歌声は今でも鮮明に覚えています。

      旅の終わり、は私の頭から離れない一番の名曲です。

      情報ありがとうございました。

      • いら かおる より:

        青木 清さんは、その後シャンソンの世界に転身し、現在は「青木裕史(ひろし)」の芸名で活躍しています。

        • kaikoshumi より:

          いら かおる さま
          こんにちは。コメントありがとうございます。

          青木さんは今はシャンソンなのですか。
          知りませんでした。調べてみますね。
          彼は基本的な歌唱力は抜群ですのできっとすばらしい歌声を今も披露してくれることでしょう。

          ルックスもすばらしいお兄さんでしたね。

  3. いら かおる より:

    山名敏晴さんの「旅の終り」
    6年前の2013年1月26日、名古屋のライブハウスで、「旅の終り」と銘打った山名さんの小さなコンサートが開かれました。前年秋の朝日新聞の特集記事をきっかけに開催したものです。
    横浜在住の私も参加し、初めて生でオリジナル版を聞きました。会場には白老YHのOB・OGのグループも、そろいのTシャツで駆け付け、懐かしい青春の歌に盛り上がっていました。
    なお当日の模様の一部は、白老YHのFB上に動画があるようです。

    • kaikoshumi より:

      いら かおる 様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      そんなイベントあったんですね。
      YHがらみであるイベントというのは大変貴重ではないでしょうか?

      行く事が出来ず残念です。

      白老は1976年8月にたった1度だけ泊まりました。

      ところで「いら かおる 様」は横浜在住なのですね。
      私は現在札幌市ですが、8年前までは約35年間横浜市にいました。
      生まれ育ちは都内ですが。

      • いら かおる より:

        私は東京生まれで23年在住。その後21年間、転勤族で北海道から九州まで、YHの旅のように全国を転々。ようやく1995年から横浜に定住?しています。
        ところで山名敏晴さんが「旅の終り」を北海道で伝えた若者はベーシストのT・S君。彼が昭和46年に白老YHに出入りしていたことが確認できれば、伝播のルートが確定します。

        • kaikoshumi より:

          いら かおる様
          コメントありがとうございます。

          全国で暮らされたのですね。まさに「旅」ですね。

          旅の終り、はいろいろあったようですが、それだけ多くの人の目に耳に触れた結果育てられた名曲なのでしょう。

          このような曲はおおっぴらになってほしくないです。
          ひっそりとでも語り続けてもらえたらと思っています。

  4. いら かおる より:

    昭和52年に「旅の終り」が各社競作となりました。これは前年の「四季の歌」の大ヒットを受けて、各レコード会社が「2匹目のどじょう」をねらって、ユースホステルの愛唱歌に目を付けたことによります。
    結果は・・・すべて惨敗でした。理由はややイメージが暗く「一般性」がなかったからでしょうか。
    むしろ同じLP「いっしょに歌って第3集」に収録されていた「時計台の鐘の鳴る街」のほうが、ヒットの可能性があったかもしれません。
    この「時計台~」も当初は作者不詳でしたが、札幌在住の浅沼 修さんが作った曲であることが判明し、タイトルも正しくは「時計台のある街」でした。これもユースならではの口伝えによる変化でしょうか。

    • kaikoshumi より:

      いら かおる様
      コメントありがとうございます。

      旅の終り、の競作は鮮明に覚えています。
      あまりにもひどい内容だったからです。

      名前は言いませんが大物歌手も起用されていましたね。
      途中や最後の方は歌詞を変えてしまったり、「これはいいだろ!」みたいな押し付け感が強くて1度聞いただけで虫唾が走りました。

      売れなくて当然です。

      このような手法は今でもありますが、2匹目のドジョウは皆失敗していますね。
      でも懲りないんですね。

      「時計台の・・・」は大好きです。
      収録されたLPも買いました。

      YHで歌われた歌は、たとえば元がフォークの大御所とかでない限り一般には絶対にヒットしないと思います。

      YHやYHのミーティングを知らない人からすれば、YHで歌われた歌は所詮、「大昔のフォークソング」や「童謡の延長線上の曲」にしか感じないと思います。

      でもわかる人だけわかれば良いと私は思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ