Sponsored Link

菩提樹の丘(懐かしい曲)

菩提樹の丘 という名曲

同名の映画・ドラマはありますが、曲名でご存知の方は非常に少ないのではと思います。
しかし知る人ぞ知る、大変素晴らしい名曲があるのです。

1975年に発売されたのですが、歌手は兄妹のデュオ 「デビッドアンドミッシェル」です。

お兄さんはデビッド伊藤さん(1959年9月14日生)、妹はミッシェル伊藤さん(1961年12月8日生)と言います。

そして彼らのお父さんは大スターであり歌手でもあるジェリー伊藤さんなのです!

以下がそのジャケットです。

画像引用元: 中古レコ屋のあくび指南~のんびり音を聴きませう 様

http://nakasecond.livedoor.biz/

 

当時二人はまだ14歳と16歳の子供であり(ほぼ私と同世代ですが)、メインボーカルを務める妹のミッシェルの鼻に掛かった、そして頼りなさ下な歌声が印象的でした。

初めて聞いたのは確かラジオだったと思います。

当時私はカーペンターズに狂っていたのですが、この曲を聴いた瞬間に「おお!これは!」と心に突き刺さってくるのを感じました。

関連記事: カーペンターズ

歌は上手いとは言えませんでしたが、とにかく心に響く歌であり、メロディーが素晴らしく美しい曲です。

YouTubeに曲だけはありましたので以下に貼っておきます。(リンク切れはご容赦下さい。)

「菩提樹の丘」は隠れファンが多い名曲?

ラジオでカウンターパンチを食らった私が次にこの曲を聴いたのは伝説のテレビ番組「8時だよ!全員集合!」でした。

幼い(実は私とほぼ同い年)ハーフのデュオが一生懸命に歌う姿に魅了され、この曲の大ファンになりました。

でもお二人のファンという感じにはなりませんでした。(お二人には申し訳ありません)

とにかく私はこの「菩提樹の丘」という曲、メロディーに心底惚れたのです。

例えばアイドルのファンになる人は、まずその子が可愛いからと注目してその後歌(曲)に入っていく。
でも一番好きなのは歌ではなくて本人、というパターンが多いと思います。

しかし私はこの曲が大好きでした。
私が幼少期はまさに歌謡曲全盛時代で、テレビの歌番組も今とは比較にならない数が連日放送されていました。

幼少時から現在に至るまで数え切れないほど聞いた歌謡曲(J-Pop)の中では5本の指に入るほど好きな曲です。

「菩提樹の丘」は残念ながらヒットはしませんでしたが、今でもネットで検索すると「もう一度聞きたい!」、「聞けてよかった」という声の多さに驚きます。

単にメロディーの美しさのみならず、心にグサッと来る歌詞が胸を熱くします(私の個人的感想です)。

ネットで調べてもお二人が歌っている動画は発見出来ませんし、情報が非常に少なく43年という時の長さが切なくなります。

でも恐縮ながら大ヒットされた曲であれば、今でも情報は相当量あると思います。しかしそれでも「聞けてよかった」、「探していた」というファンも多く、やはりこの曲は大変に評価されていたのだとつくづく思いました。

調べるとデビッドアンドミッシェルよりもこの曲をカバーしたザ・リリーズの動画のほうが多く見られます。
ザ・リリーズは1975年にザ・ピーナッツの後継としてデビューした双子の女の子のデュオですが、他の歌手で菩提樹の丘をカバーした人は調べた限りいないようです。

ザ・リリーズの歌声の美しさは大いに評価出来ますが、ネットで見る菩提樹の丘はライブばかりのせいかテンポがオリジナルと比べて異常に早かったりバラードのように極端に遅かったりで私的には好きではありません。

やはりこの曲はデビッドアンドミッシェルの「鼻に掛かった子供が無理して歌っている」ようなオリジナルが私は好きです。

彼らのお父様のジェリー伊藤さんは故人となってしまいましたが、デュオのお二人はそれぞれお元気にご活躍されているようです。

売れなくとも(わたしのような)コアなファンはいつの時代もどんな曲に対してでもいるのです。

本当に菩提樹の丘は美しい曲だと思っています。しかし将来誰かにカバーしてほしくありません。

やはりこの曲はデビッドアンドミッシェルしか歌いこなせないのだと思うからです。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ