Sponsored Link

急行天北(北海道・天北線を走っていました)

これぞ急行列車! 急行天北

北海道の最北端の稚内に向かう路線は今は宗谷本線だけですが、以前は途中の音威子府(おといねっぷ)から東に別れてオホーツク海側を通る天北線(てんぽくせん)という路線がありました。

全線非電化、単線、脆弱な路盤と線路、極端な人口希薄地帯を宗谷本線よりも遠回りで稚内に向かっていたのです。

(天北線の営業キロ数は何と148.9kmもありましたが、殆どの駅が無人駅でした)

同線は1989年5月に廃止されてしまいましたが、1日に1往復だけ札幌から稚内まで「急行天北」が走っていました。

札幌から稚内は約400km、東京から大垣くらいまである距離です。

宗谷本線にも急行宗谷などが走っていたのですが、所要時間などでも宗谷本線経由の方が早かったんですが、いつも私は時間のかかる「急行天北」を使っていました。

それは景色が宗谷本線とはまるで違ったからです。

車窓から見える自然の風景はもちろんですが、駅などもローカル線に過ぎない宗谷本線よりもさらに1段階ローカルっぽい感じが好きだったんです。

何度乗ったか数え切れません。

そして1989年5月1日、つまり廃止の日に私は札幌から稚内までこの最終の「急行天北」にも乗りました。

 

その様子は後述しますね。

急行天北は未知の世界に連れて行ってくれる・・・

この列車は車両もキハ56系列の気動車→14系客車→キハ400系列気動車と変わっていきました。

 

私はこの3世代全ての車両に乗ったことがあります。

それぞれの思い出を書いてみます。


●キハ56系列時代

初めて天北に乗ったときの車両ということもありますが、一番好きな車両でした。

古くて車内はお世辞にも綺麗とは言えないですが、国鉄の急行車両という感じが出ていて大好きでした。

 

エンジンは17L/180psという戦前設計の非力なDMH17ですが、1車両に2台積んでいたのでそれなりに加速力もあったと思います。

特に長い力行( 「りっこう」と読む加速、アクセルオンのこと)から一気に惰行運転になると、エンジンの回転は直ぐにアイドルに下がらないので、かなり長い時間をかけてアイドルに戻っていたのを覚えています。

(ヒュ~~~~ンという感じ)

 

この時は乗っている私も何か「思い切り解放された」みたいな爽快感がありました。

●14系客車時代

この車両になって快適性は数段アップしました。

国鉄の標準タイプのアコモデーションですが、とにかく車内が明るく清潔な印象になり、座席も向かい合わせのボックス型から進行方向を向いて座る簡易リクライニングシートにもなりました。

そして何よりもエンジン音が無くなった事で静寂性も相当アップしています。

しかしこの車両によってキハ56時代より後退したこともあるんです。

それは速度です。動力分散式の気動車から動力集中式の客車、しかも天北線の線路は非常に脆弱なのでDD51などの大型機関車が軸重が重すぎて入れず、DE15などの除雪や入替えなどをメインに使う小型の機関車を使うことになったからです。

乗っていても明らかにキハ56時代とは速度が違うのを体感できました。

とにかく遅かったです。

●キハ400時代

キハ40のエンジンを高出力化して変速機もキハ40の変速1段直結1段から直結2段のものに換装されて走行性能をアップしたものです。

車内もボックスシートではなくて、当時新幹線0系の払い下げのシートを使っていました。

でもこのシートが窓の位置と合わずに、席によっては窓がないという一部の飛行機みたいな悲惨な席を生み出してしまいました。

運転手からすると走行性能の違いがはっきりしていたのかもしれませんが、乗っていると「多少良い」くらいにしか感じませんでした。

あまりにも線路が脆弱なので高出力エンジンの恩恵を受けられなかったんでしょう。

また音威子府以南~札幌までは、塩狩峠などごく一部の峠を除けばほぼ平坦線なのでキハ56と大して変わらなかったのではと思います。

車内の快適性も14系客車に比べるとかなり落ちましたしね。




天北線廃止最期の日

既述しましたが私は1989年5月1日の天北線廃止日に札幌から稚内まで急行天北の最終列車(キハ400)に乗っています。

先頭車の前から2列目の進行方向右窓側でした

ビデオは撮ってありますが部屋の奥に眠っていますので、そのうちデジタル化して画像もアップしたいです。

札幌からは物凄い数の人がカメラを持って乗り込んできました。

しかも小中学生もたくさんいたんです。

デッキも通路もカメラ片手の人であふれています。でも殆どが次の停車駅の岩見沢で降りて行ったんです。

流石に終点まで立ちっぱなしでという人はいなかったと思います。

岩見沢を過ぎてからも座席はほぼ全て埋まっていましたが、終点稚内までいつもどおりの車内風景でした。

でも・・・稚内到着前の最後のアナウンスがグッと来ました。

車掌さんの

「・・・これで急行天北の運転は終わりとなります。ありがとうございました」。

車掌さんは淡々といつものように話していたと思いますが、言葉のところどころに詰まった感じがあってきっと車掌さんも思いがこみ上げていたんだと思います。

個人的には最終列車はキハ56で終わりにしたかったんですけどね。

 

以下に天北線廃止23年後の動画がありますのでご覧ください。

音威子府~飛行場前駅跡の区間で、残念ながら稚内方面は入っていませんが乗ったことのある人にとっては結構衝撃的な動画だと思います。

もし以下から見れない時はこちらからご覧ください。


当時の急行天北の写真は持っていても準備が出来ていないので関連の写真を以下に載せておきますね。
(クリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで記事にお戻り下さい。)

 

稚内駅・旧駅舎(2008年)

P8272163_R

稚内駅(2008年)

P8272170_R

南稚内駅(2008年)

P8272177_R

南稚内駅・線路奥左方向に天北線は分岐していた。(2008年)

P8272176_R

音威子府の天北線資料館(1) (2012年)

DSC05982_R

音威子府の天北線資料館(2) (2012年)

 

DSC05984_R

音威子府の天北線資料館(3)(2012年)
この写真だけサイズをやや大きくしてあります。 

DSC05983_R

スポンサーリンク


2 Responses to “急行天北(北海道・天北線を走っていました)”

  1. はじめっち&ゆたか&つるみん より:

    「宗谷」が早朝・夜間を走る関係で、自分らも「天北」の利用が多かったでした。
    よく、敏音知に行ってましたが、山のぼったり、DE10「天北」のタブレット交換見たり、
    そのあとは「浜頓別YH」宿泊だったりしました。
    ・・・タブレットキャッチャーとかかっこよかったですはじめっち

    豊清水って駅があって、上下「天北」と交換があったりしたのっす。
    急行が何もない通過駅に停車するってば、なしてかぞくぞくするのっす。あほなのす。
    ・・・本名「水清豊(みずきゆたか)」っすゆたか

    はじめっちが言ってたんで、あたいはくわしいことはよくわかんないけど、
    特急「利尻」最終日の車内放送の車掌アナウンスは
    ちょーかみかみだったそうなのだ。
    録音テープ聞いてみると、鼻すする音らしきもんも聞こえてきたのだ。
    思いがこみ上げるのも当然かもなのだ。
    ・・・本名「上札鶴緑(かみふだつるみん)」なのだつるみん

    • kaikoshumi より:

      はじめっち&ゆたか&つるみん 様
      コメントありがとうございます。
      天北線にも色々な思い出がおありなんですね。

      ●浜頓別YH
      ここも道内の名物YHとして有名だったようで私も絶対に泊まりたいと思っていたのですが、天北線のダイヤがあまりにも不便なのでここのYHに泊まると様々なスケジュールに支障が出てしまい結局泊まらずじまいでした。残念でなりません。

      ●豊清水駅の列車交換は有名です。かなり前にNHKでこの駅の特集をやって見た記憶があります。

      ●利尻のアナウンス・・・
      そうですね、聞いている方も涙してしまうかもしれません。急行天北最終のアナウンスは車掌さんは涙しないように、わかりやすいように一言一言しっかりと意識して話されているというのが伝わる内容でした。

      乗務員からすると心中は涙で溢れていたと思います。

      ご訪問ありがとうございました。
      またお出でくださいませ。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ