Sponsored Link

野中温泉ユースホステル(北海道 雌阿寒温泉)

北海道の野中温泉ユースホステル

北海道の道東、雌阿寒温泉(めあかんおんせん)に野中温泉ユースホステル(以下、野中温泉YH)がありました。

ここは北海道で一番好きなYHで、季節を問わず数え切れないほど行きました。

山の中で雌阿寒岳の麓にあり、山が崩れたら一巻の終わりという場所で、とにかく交通が不便な場所でした。

場所はこちらです。(Google map)

素晴らしいYHで多くの人に愛されましたが残念なことに2011年3月31日にYHは閉鎖されて日帰り温泉となってしまいました。

建物も取り壊されて簡易な温泉場となりました。でも併設の国民宿舎は残ったようです。

なお野中温泉は「本館がYH」で「別館が国民宿舎」でした。

普通は逆なんですけどね。

 

以下は2010年9月撮影の野中温泉YHです。閉館半年前の写真です。

(クリックで拡大します。)

↓左側が別館の国民宿舎。右奥がYH

DSC01201_R

↓野中YHの玄関(初めて行った1976年と変わっていない)

DSC01206_R

↓国民宿舎の文字が塗りつぶされているがYHの食堂部分

DSC01204_R

なおYH閉鎖後は行っていないのでその後の写真を持っていません。

こちらのサイトを参考にして下さい(万一リンク切れはご容赦下さい)

恐らく日本中でトップクラスのユースらしさの野中温泉YH

私が初めて野中温泉YHに泊まったのは1976年8月12日。

ユース全盛時代の後半という感じだったと思いますが、とにかくこの時代のYHは何処も「熱かった」時代でした。

特に北海道と南の島(沖縄、その他全般)の両極のYHは狂ったようなYHが多く、その場所に旅行に行くのではなくてYHが目的で行くという人も非常に多かったのです。(私も含め)

当時一番好きなYHは野中温泉YHでした。

夏は連日のように歌い、踊り、バカ騒ぎのミーティング。

食事の時は放送で、「エサ~!」と喚いてのご案内(その時のスタッフにもよりますが)

そして「うちの裏山」とYHのスタッフが言っていた雌阿寒岳と阿寒富士のご来光登山。

「愛とロマンの8時間コース」とかありましたね。この時代に泊まった事のある人ならばご存知と思います。

雌阿寒岳と阿寒富士を両方巡って約8時間という登山コースでした。

私は8時間コースの他に、雌阿寒岳のご来光登山もしました。夜中の12時半頃に起きて満天の星を見ながら登るんですね。

きつかったけれど本当に素晴らしい思い出でした。あの星空は一生忘れられません。

 

そしてやはりYHから歩いて30分も掛かりますが、山中にひっそりとたたずむ小さな湖のオンネトー

本当に美しい湖です。晴れていれば正面に雌阿寒岳と阿寒富士が見えます。水の色はエメラルドグリーンでした。

オンネトーには天然記念物のサンショウオがいるそうですが、相当な回数通っても見たことはありません。

また湖底からガスが噴出しているそうで、魚が住めないそうです。

2010年9月にオンネトーに行ったときの写真も載せます。でもこの日は雨で全然ダメでした。

まあ雰囲気だけでも。

(クリックで拡大します。)

↓晴れていれば正面に左側に雌阿寒岳、右に阿寒富士が見れます。

DSC01187_R

↓この色がオンネトーの特徴です。

DSC01191_R

DSC01174_R

DSC01178_R



猛烈に交通が不便だった野中温泉YH

こんなに素晴らしい野中温泉YHですが、素晴らしく交通が不便でした。

マイカーやレンタカーならばさほど問題はありませんが、北海道ワイド周遊券を毎回使っていた私にとっては行くのも帰るのも大変でした。

夏は阿寒湖畔のバスセンターから直行バスがあり約40分くらいだったと思います。

でも冬は無いんです。ではどうやっていくかと言うと阿寒湖畔、または足寄駅(旧国鉄池北線・現在は廃止)前からバスに乗ります。

このバスは国道241号線を通ってそれぞれ阿寒湖畔行き、足寄駅行きなのですが冬は1日に1~2往復になります。

そして野中温泉やオンネトーに分岐する場所の「登山口」というバス停で降りるのです。

このバス停は今は廃止されていますが場所はこちら(Google map)です。

そしてこのバス停から野中温泉YHを目指して3.6kmの距離をひたすら歩くのです。

冬でも吹雪いていなければ50~60分くらいで歩けます。長い登り坂もありますが勾配自体はきつくありません。

途中で真正面に雌阿寒岳が迫ってくるように見えるのは圧巻でした。

バス停から阿寒湖畔に出る人が多かったと思いますが、そこから釧路や美幌に抜けるにもまたバスに乗継です。

このバスも冬は日に数本に激減しますので、場合によっては阿寒湖畔で数時間待つこともありました。

だから冬に野中温泉YHに行くには前後の時間をたっぷりとる必要があったのです。

だから「野中温泉YHに行くことが目的」の人しか冬は行かないですね。

 

また冬に吹雪が酷いとバス停まで歩いてもバスが運休になっている可能性もあり、そのような日は移動せずに連泊をしました。

でも連泊しても何もやることが無く、オンネトーも吹雪だと危険、それどころか基本的に除雪されていないので自分で雪を掻き分けなければならないのです。

だからYHで昼寝をしたり、温泉に入って一日を過ごします。でもこれが楽しかったんですよ。

大晦日も何度もここで年を越しましたね。当時は大晦日も10数人は泊まっていたと思います。

あ、思い出しました。元旦と2日は241号線を通るバスは運休でした。だから正月にこのYHに行くのは本当に「覚悟」がいるのです。

野中温泉YHのまとめ

色々と書きましたが、その他のこのYHに纏わる話しをまとめておきます。

1度でも泊まったことのある人、泊まりはしないけれど北海道内あるいは他の地域のYHでうわさを聞いた人には懐かしいと思って下さるでしょう。


入ってすぐ右側の壁(受付の場所)にはスタッフの名前が模造紙で貼り出されていて、「丁稚」とか階級が書いてあった。

夏は前述のように連日歌って踊って騒いで凄まじいミーティング。ヘルパー(YHのスタッフのこと)はいつもギターを首にかけていた。

国道241号線の「登山口バス停」の事を「のぼりやまぐち」というヘルパーがいて、バス停を利用するホステラー(YHに泊まる人のこと)を惑わしてさらに連泊させようと企んでいる人がいた。
 ホステラーが「とざんぐちバス停ですよね?」と聞くとヘルパーは「違います。のぼりやまぐちバス停です。」と返していた。

冬は流石に人が少ないのでミーティングも静かにお茶を飲んで話しをするだけ。
 歌うこともあったが夏みたいに騒がなかった。

ここの温泉は非常に硫黄分が強い温泉なので石鹸が泡立たない。だからシャンプーで体を洗うように言われる。

温泉場は木造りで電球が少しあるだけのやや薄暗い雰囲気のある温泉だった。
 すぐ裏は雌阿寒岳の麓であり、温泉に浸かっているとよくエゾシカを見ることが出来た。

YHからオンネトーに行く途中の左側に「錦沼」というとても小さな沼があったが、ヘルパーはここをンネトー」と言っていた。

YHを運営されている野中さんご夫婦とも知り合いになれて大変によくしてくださった。
 ご主人は恥ずかしがりなのか表に出るのは好きでなかったみたいだった。
 奥様は野中文子さんでメガネをかけた何処でも昔からいるお母さんだった。
 確か釧網本線の止別(やむべつ)駅の方でお生まれになったと仰っていた。

ご夫婦には相当な年数お会いしていないがお元気で過ごされているだろうか?

確か男の子が二人いらっしゃった。

1979~1981年ごろにいたヘルパーのゲタさん、何しているかな~?

YH全盛時代の北海道のYHに泊まったことがある人ならばご存知の「ねむるオンネトー」はここで過ごしたヘルパーが作った歌。

歌詞も曲も本当に心に染みる美しい歌。今でも私の頭には3番まで完璧に入っている。この歌は1977年に歌手の青木清さんがレコードを出していてこのレコードを私は買った。YHで歌われていた多くの歌が入っている。

青木清さんとは1977年8月に美幌YHでお会いした。

「ねむるオンネトー」はYouTubeにも上がっていましたので一度お聞き下さい。

(いずれもリンク切れはご容赦ください。)

YouTube ねむるオンネトー

野中温泉YHでは「ねむるオンネトー」の他にもYHの超超超有名曲の「旅の終わり」も必ず歌っていた。

こちらもYouTubeでどうぞ。

この曲を聴くと今でも目頭が熱くなります・・・。

あと「遠い世界に」も定番ですね。


以上が野中温泉YHの思い出でした。

ネット検索すると同じ時を同じように過ごした人がたくさんいるようで嬉しくなります。

本当に青春、人生の大きな部分を占める経験でした。


【2017年6月23日追記】

私が2010年7月17日に阿寒方面を旅行した写真の中から足寄駅(既廃駅・現在バスターミナル、交流センター)内に野中温泉の案内が写っているものがありましたのでアップします。

全てクリックで拡大します。

↓足寄駅

以下↓3枚が待合室にあった案内です。

スポンサーリンク


29 Responses to “野中温泉ユースホステル(北海道 雌阿寒温泉)”

  1. YOSHI より:

    昨日、初めて雌阿寒岳へ登山しました。
    前日に野中温泉に入り、
    すっかりここのお湯の質にはまってしまいました。
    (とにかくお湯がいい! 肌がツルツルになりました^^)
    もっと知りたくてネットで調べていたら
    こちらに辿りつき、すごく良い話を読ませて頂きました。
    私は世代が違うのでユースホステルは馴染みはないですが
    本当に楽しそう!
    そんな楽しいユースホステルが無くなってしまったのは
    とても残念ですが、まだあの温泉が残ってて本当によかったと思います。
    今の方が何代目かわかりませんが
    ずっと残ってて欲しいですよね。
    ちなみに髪を洗ってて、全然泡立たなくて、シャンプー足りなかったのかな?と思ってたんです。
    なるほど!! やっばりそうゆうことなんですね。
    さすが野中温泉です。
    また行きたい温泉の一つとなりました~^^

    • kaikoshumi より:

      YOSHIさま
      こんにちは。コメントありがとうございます。そうですか登られたんですか!
      私は今は体力なしのおじさんなのできついですが、若かりし頃に登った時は楽しいしか頭にありませんでした。

      ここの温泉はそうですねシャンプーで体洗いましたね。
      宿泊者で「俺は何が何でも石鹸で洗ってやる!」と力んでいた人もいましたが、結局はシャンプーで体洗っていました。

      またオンネトー行きたいな。
      でも遠いのですぐにはという感じです。

      本サイトは私が独断で好き勝手なことばかり書いていますが必ずや皆様の思い出の旅のお手伝いが出来ると信じて頑張りますのでまた訪れてくださいね。

      上の方の「サイトマップ」を見るとどういう記事があるのかがわかります。

      ご訪問ありがとうございました。

  2. 北空知かわうそ村 より:

    今日野中温泉に行ってきました。ユース時は行ったことないですが多分湯船はそのままですしユースを営んでいた老夫婦がそのまま温泉を運営していると思います。また湯代がすごいです。200円(税込)このあたりがユース魂を感じます。
    最近はユースに泊まるのもすっかりご無沙汰でもう10年以上利用していません。が、18年ぶりに京都の美山HMYHに来月行こうと思い今日行った野中温泉はたしか昔はYHだよな、と思い検索してここに至りました。
    とてもよいブログですね。よくわかります。たしか利尻島のYHが道内で1番やばいYHと言われていたのも思い出し懐かしかったです!ありがとう

    • kaikoshumi より:

      北空知かわうそ村 さま

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      200円というのはびっくりですね!町の銭湯の半額以下です。

      私もYHはだいぶご無沙汰です。全盛時代が懐かしく思います。

      またお出で下さいませ。
      ありがとうございました。

  3. 南京豆 より:

    うわっ懐かしい!
    私が伺ったのは1980年9月の始め頃、牧場実習を終えて
    道内を旅行がてら東京へ帰る道すがらです。
    愛とロマンの8時間コースでは実際にカップルも出来て
    ましたねぇ~。 今後の週末に38年ぶりにオンネトー
    に行ってみようと計画中です、楽しみ 楽しみ♪

    • kaikoshumi より:

      南京豆さま
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      多分南京豆さまも私に近いご年齢と思います。

      あのときの野中温泉、そして北海道は本当に楽しかったですね。
      私の旅にとって一番よい時期でした。

      野中温泉YHはなくなってしまいましたが、オンネトーは健在ですので私もそのうち行こうと思っています。

      なお昨年か今年前半にニュースで紹介された日本最高齢の野中政三さんは野中温泉創業者の息子だったと思います。
      何度かお話しさせて頂いたこともありました。

      また青春の旅を楽しみたいと思います。

      今回のご訪問ありがとうございました。
      またお出でくださいませ。

  4. んにゃ より:

    その『北海道周遊券』で旅していたがために、ここには一度も行ったことがない私です。
    元ペアレントが国内最高齢者としてつい最近、新聞紙上を賑わせていましたよね。

    多くの常連ホステラ―がいたにも関わらず、ユースホステルとしての営業を閉じてしまったのは何故なんでしょうか?。

    • kaikoshumi より:

      んにゃ様
      コメントありがとうございます。
      ここは交通が大変に不便なのに、阿寒湖に近いと来ていますから阿寒湖には泊まっても不便な野中温泉まで行く人は少ないのでしょう。

      国内最高齢・・・
      →確か野中温泉創業者のお子さんだったかな?
      何度もお話しをしましたが、相手は私のことは覚えていないでしょう。

      常連は金にならないのですよ。
      ましてやこんな山中の不便なところですから。
      通年営業でしたが賑わうのは夏だけです。GWもスカスカでした。

      それとおおっぴらには言えない話しですが(既に言っている!)昔のYH常連は相当顔になると「宿泊費いらないよ」とヘルパーから(ペアレントからではない)言われて何週間も、1ヶ月もタダで泊まる人もたくさんいたようです。(全国的に)

      こういう人はある程度ヘルパー業務を手伝って、ヘルパーでもありホステラーでもあるので一部からは「ホスパー」とか言われていました。

      でもペアレントから見れば違法の厄介者なんです。
      だって三食もタダなんですから(実際は踏倒し。ヘルパーがごまかしたりしている)。

      もちろんペアレント公認で無料宿泊の常連も少数ながらいたようですが。

  5. 南京豆 より:

    後日談で誠に恐縮ですが、9月の始めに野中温泉への
    ン十年振りとなる再訪を果たしてまいりました。
    流石に学生時代の様な呑気な日程ではなく、釧路空港
    からレンタカーを利用しての駆け足旅でしたが。
    登山口からの道路は今では綺麗に舗装整備されて
    記憶に残る景観とは少々違っておりました。
    それでも温泉本館の建屋内はまだ昔の雰囲気を残して
    おり、コンコンと湧き出る湯に浸かりながら、当時の
    事を色々と思い浮かべておりました。
    再訪のきっかけともなるこのようなスレッドを作成
    していただき感謝申し上げます。
    余談ですが、「YHで知り合う友は一夜だけの友」
    かと問われれば、あの頃は意外とそうでもなかった
    と思いますね、あの娘は今頃どうしてるかな?(笑)

    • kaikoshumi より:

      南京豆さま
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      いかれたのですね!羨ましいな。
      今私は札幌に住んでいますが、札幌から野中温泉行くなんてまさに地の果てに行く状態です。

      東京などから行くのと変わらないどころか羽田~釧路間の飛行機使えば札幌から車や列車で行くより時間距離は近いはずです。

      道路の舗装、の件ですが私の記憶の範囲では舗装されて既に30年超経っているはずです。

      初めて舗装になったのを見た時のショックは隠しきれませんでした。
      しかも舗装になると同時に大型観光バスがたくさん入って来るのです。

      野中温泉とオンネトーはそっとしておきたい場所だったのですが、さらにTVやガイドブックでは「オンネトー湖」なんてでたらめな名称で紹介されたり抗議しようかと思ったくらいでした。

      でも今でもオンネトーは荒されていないようですし、また訪れたいとは思っています。
      野中温泉はYHが無くなったのは寂しいですね。

      一夜の友・・・、人によりますが一夜までで無くても1ヶ月の友はたくさんいたかな?と。
      もちろん今でもYHで知り合って30年(以上)付き合いのある人はいるのですが全部【男】です(笑)

      10代後半の時、つまりYHに夢中だった頃は、

      「将来絶対にYHで知り合った女性と燃えるような恋をして結婚して、結婚後も子供連れてYHに行くんだ!」

      と情熱を持って思っていたのですが、適わず奥さんとは別の場所で知り合い、子供たちも私がYHの一人旅で身に付けた我の強さが遺伝したのか、「一人で行けば」と冷たい視線を頂いております(笑)

      またぜひ当サイトにお越し下さいね。
      ご訪問ありがとうございました。

  6. Aries より:

    男性の世界最高齢、野中さん死去 北海道足寄町
    からここにたどり着きました。
    初めましてよろしく。
    私は1972年夏 オンネトーのYHでお世話になりました。
    野中さんに多分お会いしていると思いますが?
    古い記憶をたどると国道から徒歩で
    もちろん周遊券&時刻表&予約なしのYH利用
    YH周りにはキャンプ場?
    オンネトー=野中温泉まで数分かかりました。

    • kaikoshumi より:

      Aries様
      こんにちは。コメントありがとうございました。

      私も野中さんにはお会いしており、お話しした記憶もありますが、向こうは当然覚えていないことでしょう。

      野中温泉YHは本当に素晴らしいYHでした。
      私的には道内で一好きでしたし、一番YHらしかったと思います。

      キャンプ場:ありましたね。でもオンネトーの奥のほうだったと思います。確か「野営場」と書いてあったはずです。

      YHからオンネトーまでの距離:徒歩だと20~30分でした。オンネトー湖畔の駐車場までは2.2kmありますので歩くと結構遠かったです。

      また当サイトにお越しくださいね。

  7. Ono より:

    こんにちは。
    懐かしいですね。同じ頃?少し後に野中によく行っていました。最近、野中で知り合った友人と会ったので、亡くなられたおじいちゃんの話をしていました。
    ゲタさん(京極さん)は今アメリカ在住のようです。Facebookの野中温泉ユースホステルを見ると当時のヘルパーさんのあれこれが載っていますよ

    • kaikoshumi より:

      Ono様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      ゲタさんご存知ですか!

      うわあ懐かしい名前!
      アメリカとは・・・。

      皆いろんなところで生きているんですね。

      また当サイトにお越しくださいね。ありがとうございました。

  8. nori より:

    40年前に北海道を旅して6ヵ所目のユースが中野温泉でした。
    ユースそれぞれ色々な思い出があって、中野温泉の思い出は
    「ねむるオンネトー」
    をヘルパーさんにリクエストして歌ってもらった事かなぁ。
    ミーティングは静かでした。

    3年前、当時の思い出を訪ねて北海道を旅行しました。
    オンネトー茶屋に行き、ご主人に野中温泉の事聞いたり、写真を見せていただいたり…。
    その茶屋も閉められた様です。

    • kaikoshumi より:

      nori様
      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      40年前というと私も行き初めて北海道にハマった時期です。

      あの頃の道内のYHはどこも活況でした。
      あの時代ミーティングが静かだったとは・・・。
      でも夏以外だったら静かでしたけどね。

      「ねむるオンネトー」は本当に良い曲です。
      今でもYouTubeで聞くことが出来ます。
      歌詞も完全に覚えています。

      それと「旅の終り」も。

      懐かしい思い出です。
      また当サイトにお越しくださいね。

    • kaikoshumi より:

      nori様
      こんにちは。
      過日とほぼ同様の内容という事ですので削除させていただきました。

      「ねむるオンネトー」は本当に美しい歌ですね。
      でもさとう宗幸氏のは好きではありません。
      最初に歌ったのは多分シャンソン歌手の青木 裕史さん(本名青木 清さん)だと思います。

      彼はこの曲と「旅のおわり」をYH関連の歌だけが収録されたLP版で歌っています。

      彼の歌声には聞きほれました。
      昔このLPを持っていました。

      また彼は1977年の夏にフォークソング歌手としてもデビューということで当時の北海道のYHを回って「旅のおわり」のキャンペーンをやっていました。

      実は美幌YHに泊まった日に彼のイベントをYHで見ることが出来ました。
      写真も撮らせて頂いたのです、すらっと背の高いかっこよいお兄さんでした。

      今でも青木 裕史さんのサイトを見ると写真が出ていますが、昔の面影そのままで感激でした。

      YHで歌われた歌は世間に知られていなくても本当に心に残る歌がたくさんありますね。

      • nori より:

        今日は。

        旅の終わり YouTubeで聞いてます。

        ユースで知り会う友人…私がカメラを持っていたので、住所を聞いて写真を送るのは私がやっていました。
        男性でも写真を送ったらそれっきりという人と、しばらくやり取りをして会ったりした人もいました。
        友達で結婚した者が二組います。
        住所聞いたのも写真送ったのも私なんですが…。

        北海道で宿泊したユース
        イクサンダー大沼、札幌ライオンズ、あばしり原生花園、摩周湖、野中温泉、帯広、札幌ホワイトユース。
        夏休み前だったのでホステラーも少なく、イクサンダー大沼では女性のホステラーは私達だけでした。
        道中、ハプニングもあったり、思い出に残る旅でした。

        長文すみません。

        • kaikoshumi より:

          nori様
          コメントありがとうございます。
          今でもYouTubeで「旅の終わり」、「眠るオンネトー」などを聞けることはうれしい事です。
          (ただしある日いきなり削除の可能性は高いですが)

          「旅の終わり」は芹洋子さんも歌っていました。
          彼女の歌唱力は言うまでもなく素晴らしいですが、こちらのVerは途中の歌詞がアレンジされたりしてがっかりでした。

          本当に心に残る名曲はせめて歌詞と伴奏はオリジナルのままで行ってもらいたいです。

          「YHで知り合って結婚」というのは非常に多そうに見えて実は物凄く少ないですし、せいぜい写真を送って終わり、その写真のお礼の手紙さえも来ないというのが9割以上だと思います。

          以前あるYHで知り合った人たちで渋谷で宴会をやろう!という事になったのですが、前日幹事の人から連絡があり、

          「皆の集まりがあまりにも酷いので中止にする。今日キャンセルの連絡が数人あったが、当日無断キャンセルもあり得るのでお店もキャンセルした」

          とのことでした。
          残念ですがYHで知り合った連中はこういう人が圧倒的です。
          写真を送る時に住所は教えてくれても「どうせYHでの一夜の知り合い。あとあと続くことはないだろう」という前提が頭にあるのだと思います。

          私はメールやSNSが普及してからYHは泊まっていないのですが、今だったら「メアド(或いはLINE-ID)教えて!」とかになるのでしょうね。

          私だったら写真を送ってもらう住所はともかくこれらのSNS情報は絶対に教えません。
          というか皆スマホを持っている時代なので「写真を家に送るね」なんてことはない時代なんでしょうね。

          無くなったYHばかりで寂しい限りですが時代ですかね。

          • 匿名 より:

            シャロームも好きな歌でした。

          • nori より:

            今日は。
            原生花園YHでは 吉田拓郎さんの 落陽 をヘルパーが歌いました。
            私の中では 原生花園YHが一番楽しかったところです。

        • kaikoshumi より:

          nori様
          コメントありがとうございます。
          「落陽」は各YHで歌われ続ける名曲ですね。

          特に北海道のYHでは「苫小牧発仙台行きフェリー~」というフレーズがぴったりです。

          ギターのストロークコードがミーティングを盛り上げくれます。とても心に残る歌でした。

          原生花園も懐かしいです。
          まだあるのでしょうか?場所は素晴らしかったので連泊向けでしたね。

          • nori より:

            休館中だと言うのに3年前の旅行で原花園YHに行ってみました。
            建物は私が泊まった時と違っていました。
            宿泊した時、ヘルパーのお別れパーティーがあるという事で連泊を勧められ、次のYHをキャンセルしたお陰で楽しい思い出が出来ました。
            ペアレントのせきとりさんとしばらく連絡もしてましたが、北海道はやはり遠くて、続きませんでした。

            原生花園の事を調べていたら、せきとりさんと親しいカメラマンの方と出会い、原生花園は閉館し、ご夫婦で都内に引っ越して来られたと教えていただきました。

  9. kaikoshumi より:

    nori さま
    コメントありがとうございます。

    原生花園YHも何回も行きましたが多分私の知っている建物ではないと思いますがどうなのでしょうか?

    北海道は遠い・・・、その遠さの中でも格段の遠さでしたね。

    だからこそ行きたい、行って良かったと思うのですが。

    また当サイトにお越しくださいね。

    • nori より:

      今日は。
      40年の写真には玄関横にはライラックの木があり、談話室は平屋だった気がします。
      玄関前で写真を撮ったので建物全体は分かりませんが…。

      1997年のユースのハンドブックに載っていた写真と違うので建て替えたのだと思います。

      • kaikoshumi より:

        nori様
        コメントありがとうございます。

        談話室は平屋でした。これははっきり覚えています。
        入り口を入ってすぐ左側でした。

        この談話室は結構広くて大晦日に泊まった時にはTVでは紅白歌合戦、その他の方はTVから離れた場所で自由気ままに過ごすという構図でした。

        大晦日の年越しは私は少なくても5回は年を越していると思います。

  10. コーセー より:

    こんばんは。
    たまたま覗かせて頂いて懐かしくなりました。
    そして、読み始めてビックリ!
    初めて泊まられたのが76年の8/12との事。
    多分、私はその前日の8/11に泊まったと思われます!
    44年も昔の事なので記憶が怪しいのですが・・・
    高校2年の夏、原付で埼玉から北海道一周のツーリングでした。
    とても寒い夏

    • kaikoshumi より:

      コーセー様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      44年も前になりますが、当時の旅行の記憶は未だに恐いくらいに1日1日はっきり覚えています。
      それほど強烈な思い出だったのでしょう。

      私の前日にお泊りでしたか!
      当時覚えているのは、

      ・とにかく物凄い数の人でごった返していた。
      ・私が泊まった日は雨が降っていて、阿寒湖バスターミナルで野中温泉・オンネトー行きのバスを待つ間は土砂降り、でも翌日は雲が多いけどそこそこ晴れた。

      ということでした。

      埼玉から原付で、は凄すぎますね!
      中型のバイクは多いけど原付とはすごい根性です。
      1976年は私が高校1年生なのでコーセー様は一つ年上ですね。

      野中温泉は無くなってしまい寂しいですがこれからも当サイトでは数多くの「あの日の思い出」を書いていきます。

      他にも北海道はもちろん様々な「あの日」がありますのでまたご覧下さいね。

  11. コーセー より:

    初めまして。
    たまたま覗かせて頂いて懐かしくなりました。
    読み始めてビックリ!
    初めて泊まられたのが8/12との事ですが、私はその前日の8/11に宿泊しました!
    44年前のニアミスですね!
    あの年は寒い夏でした。
    原付で北海道一周のツーリングをしていて、震えながら走ったのを覚えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ