Sponsored Link

新大久保の模型店【ぶんけん】

模型店 「ぶんけん」の思い出

新宿区・新大久保駅と直交する大久保通りから横道に入った静かな住宅街に模型店「ぶんけん」がありました。

今ならば住宅地にひっそりとある店といったらコンビニか隠れ家的なレストランですが、「ぶんけん」は隠れ家的な模型店でした。

今回のお話しは1972~1974年頃の時代です。

 

「ぶんけん」は家が近いこともありしょっちゅう行っていた私の御用達の店ですが、ネットで検索しても「ぶんけん、ってあったよね」くらいしか出てきません。

確か正式の店名は「株式会社CBぶんけん」だったと思いますが私も友人も「ぶんけん」と言っていたので本記事でも「ぶんけん」と書きます。

 

ぶんけんがあった場所はこちらです。

 

上記で表示される場所はもしかしたら1~2軒お隣さんの可能性がありますが、ほぼ上記の場所で間違いありません。

狭い店内はプラモデルとラジコン関連が充実していましたが、私が思うには店主はラジコンを重視していた感じがします。

記憶の範囲で店内を思い出すと以下のようだったはずです。

(クリックで拡大します)

上記、左側のショーケースにはラジコン用のエンジンが多数展示されていました。

殆どは単気筒のグローエンジンでしたが、結構でかいものもあって2~3psくらいのパワーがあるものもあったと思います。

驚きなのは1972年くらいという時代でありながら模型用の「ロータリーエンジン」、「ロケットエンジン」まで売っていたんです。

オブジェじゃないですよ。ロータリーエンジンも本物と同じ構造(ただしグローエンジン)で回るし、ロケットエンジンも機体を軽いバルサ材などで作れば点になるほどの高度までロケットを打ち上げることが出来たんです。

決して大型花火ではありません。本物と同じような(物質は違うでしょうが)固形燃料を使っていました。

でも私は「ぶんけん」にはラジコンやプラモデル目当てで行っていたのではないのです。



秋葉原の代わりだった「ぶんけん」

当時私はラジオやアンプなど電子工作に凝っていました。

父が真空管でアンプやラジオを作るのが好きで家にそれらの部品があったから私も興味を持ったのです。

電子部品購入と言えば秋葉原です。家が新大久保だったので秋葉原も近かったんですがわざわざ電車賃をかけなくても「ぶんけん」ならば歩きまたは自転車で直ぐに行けたので秋葉原でないと手に入らない部品以外はいつも「ぶんけん」で済ましていました。

お店には小さなパーツボックスがいくつかある程度で大したものは置いていなかったのですが、でも意外にラジオやアンプなどを作る程度の物は揃っていました。

ケース類は当時も今も売っている透明のアクリルケースを何種類か売っていました。

ラジオを作る時のバーアンテナ、ポリバリコン、IFTのセット(IF2段用、455kHz用、FM用の10.7MHzは無)、山水の入出力トランス(ST-32とか)、スイッチ付きボリュームなどもあり秋葉原まで行く必要がありません。

 

でもIC関連はなかった気がします。当時はICが全盛になりつつある時代でしたが、ラジオやちょっとしたアンプに使われるICは今のような「何でも入り」の万能ICなどなくて、せいぜい2段直結のAF-Amp(型名忘れたが縦型で端子が千鳥に出ている奴。多分三洋製かと思う。)、汎用OP-Amp(709シリーズなど)などが主流でした。

FM/AM/SWのメーカー製3バンドラジオでさえ殆どICが使われておらず、かなり複雑なFM-IFつまりリミッターアンプでさえディスクリートで構成していた時代です。ICがあっても値段が高かったのかもしれませんし。

 

部品を買いに行くと私は短期間で顔を覚えてもらえました。多分同店に来る客の殆どはラジコンやプラモだったんだと思います。

しょっちゅう電子部品を買いに来る小学生は珍しかったんでしょう。

おじさんもおばさんもバンラック(仕切りがついた電子部品用パーツボックス)から抵抗などを1本1本丁寧にピンセットで取り出して袋に入れてくれました。

 

当時50歳くらいのご夫婦で切り盛りされていましたが、ご主人は体格が良くて角切り(?)のヘアースタイルで眉毛が濃かったと記憶します。

そして何処の出身かは知りませんが少々訛りがあった方です。

奥様は小柄のちょっと静か目な優しいお母さんという感じで、言葉は標準語だったと思います。

 

さて「ぶんけん」もいつの間にか無くなってしまい、あった場所もマンションなどになってしまったようです。

恐らく跡地は現在の「社会保険中央総合病院寮」になったと思いますが、中央病院も当時は大久保通り沿いの新大久保駅東側(現、ペアーレ新宿・年金機構のビル)にありましたがいつの間にか山手線を挟んで海城高校の反対側に移り名前も「JCHO東京山手メディカルセンター」と変わったのですね。

新大久保にいた時は町医者じゃダメそうなときはいつも中央病院に行っていました。

 

模型屋自体が全国の街から減っていると思います。

大きなテナントに入るというパターンに変わっているようです。もちろん模型、プラモ、ラジコンなどは無くならないと思いますがお店が無くなるのはちょっと寂しいですね。

スポンサーリンク


11 Responses to “新大久保の模型店【ぶんけん】”

  1. ぶんけん常連 より:

    54歳のオジさんです。
    私も小~中学生頃よくぶんけんに行きました。
    店内の見取り図懐かしく思います。
    確か途中から二階にも売り場が増えたように思います。
    オリジナルのポケットカー02という小型エンジンカーを売りだしたりしていましたね。
    私は石政という会社のラットバギーというラジコンカー買ってもらったりしました。
    ラジオの部品も豊富にありましたね。
    たしか立ち退きで郊外にお店を移転した記憶があります。
    そのお店にも行ったように思うのですが、あまり覚えていません。
    ぶんけん、取り上げて頂いてありがとうございました。

    • kaikoshumi より:

      ぶんけん常連様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      2階に売り場がという話しはだいぶ後に聞いたのですが私が引っ越した後でした。

      確かに「ぶんけん」はオリジナルラジコンなど精力的にやっていましたね。「ぶんけん」で買ったエンジンを近所の戸山交通公園で慣らし運転している人をよく見かけましたし、ラジコンカーを交通公園で走らせている人もいました。

      ぶんけん常連様のご年齢から察すると私とほぼ同世代のようです。別の記事で書いていますが私は戸山小・中卒業生ですので同じかも?

      本サイトは他にも戸山交通公園、新宿体育館、ラーメン屋めときなども書いていますのでぜひご覧ください。
      (サイトマップから見ると直ぐに探せます)

      この度のご訪問ありがとうございました。
      またお出で下さいませ。

  2. IloveHappy より:

    国鉄アパートの記事にコメントした者です。私はぶんけんの開店時、中学生だったと思います。中学の時は鉄道模型にハマってましたので、この店でもHOゲージのレールとかを売っていたはずです。当時は車両はもちろん、パワーパックも自作したりしてましたが、この店で電気・電子部品を買った記憶はありません。強烈な印象はやはりラジコンのエンジンを慣らし運転していたことですね。店の向いの空き地でプロペラを付けて爆音を響かせていました。学校が終わるとこの店を溜り場にしていましたが、中学生では何人居ても金にならない客だったでしょうね。

    • kaikoshumi より:

      IloveHappyさま
      こんにちは。再訪ありがとうございます。
      鉄道模型は私もHOを一時期やっていましたが、「ぶんけん」で買った記憶がないのです。

      エンジンの慣らし運転はよく見ました。
      でも私が一番見たのは交通公園にあったホーム(列車が走らない線路が引いてあった奥の方)で慣らし運転をされている大学生とかでした。

      あまりの音のうるささに驚きましたが、同時に「こんな小さなエンジンでこの爆音なのに車のエンジンはなぜあんなに静かなんだろう」といつも疑問に思っていました。

      ぶんけんは殆どが安いプラモとかが販売の主力だったのではと思います。
      だからラインナップはすごいわりにそれほど儲かっていなかったかもしれませんね。

      ご訪問ありがとうございました。
      またお出で下さいませ。

  3. ちびころん より:

    いやあ懐かしい。小学生の頃よく行きました。当時、家が北新宿4丁目で歩いていくのがかなり遠かった。子供でお金がなかったので大したものは買えませんでしたが、眺めているだけで夢のようでしたら。

    • kaikoshumi より:

      ちびころん様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      常連だったのですね。でもそちらのお住まいではやはり遠いですね。

      ましてや小学生だと。

      でも「夢のよう」という気持ちは良く分かります。
      私も買うものがなくてもぷらぷらとよく行っていましたので。

      ご訪問ありがとうございました。
      またおいでくださいませ。

  4. KUSOじじいさん より:

    ぶんけんのおもひで。
    そうか、ぶんけんは模型店だったんだ。メーカーだと思っていた。ポケットカーが1CHでRC化されているのをラ技で見て、いいなぁと思っていた。
    中学に入ってなんとかラジコンが買えた。GT&ラリーカーはクラッチが滑って少ししか走らなかった。次のピーナッツバギーはゴキブリより遅く、すぐにベルトが切れる。あの頃は技術不足なのか、バルサモデル同様、裏切られることが多かった。しかしその情熱はさめることなく55才になった今でも子供の頃できなかった事を実現し楽しんでいる。

    • kaikoshumi より:

      KUSOじじいさん 様
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      私と極めて近いお年のようで、何かお話しを聞けて嬉しい限りです。

      あの時代のラジコンやプラモは品質がイマイチだった気がします。
      ただメーカーの情熱はものすごいものがありましたね。

      私も今の年齢になっても当時の趣味(アンプやラジオ作りなど)を楽しんでいます。
      情熱が冷めないことは一番よいことです。

      またご訪問くださいね。
      ありがとうございました。

  5. kaikoshumi より:

    【管理人・ノンダクレーより】

    2018年8月26日 3:04 AMにコメントを頂きました、
    「くそじじい」様。
    コメントありがとうございます。

    拝見したところ先の「KUSOじじいさん 」と同じ方でいらっしゃるようですね。
    投稿時間も3分違いでIPアドレスも同一、コメント内容も同一なので「くそじじい様」のコメントは削除とさせて頂きました。

    ご了解くださいませ。

  6. kawasakizx41888 より:

    東中野の実家に来ており、古いアルバムを見ていて、ふいに思い出したCBぶんけん、、、 横堀模型のドッグファイター2を買ったり、MGCのエアガン、イントルーダー、またスリングショットなんかも買いました。85年頃と記憶しています。 既に2階にも売り場がありました。 1階がエアガン等、2階がラジコンでした。 とてもコアな品揃えで近所の秋葉原!という感じで、よく通ったものです。近くのゴーカートも懐かしいです。 もう、無いんだろうな、と思いつつも検索しここに、たどり着きました。 同じ思い出の共有ができて良い時代になった、とも 思い出のお店が次々と消えていく、東京って、、、とも思う。 嬉しいような寂しいような、それでも東京が、懐かしい日々が大好きです。

    • kaikoshumi より:

      kawasakizx41888様

      こんにちは。ご訪問とコメントありがとうございます。
      「同じ思い出の共有が・・・」はとてもうれしいお言葉です。

      古い思い出で、自分の記憶が曖昧になってくると、ついには、

      「本当にこんな思い出あったのだろうか?」

      なんて気分にもなります。
      でも同じ記憶、経験を持っていらっしゃる方に出会えるとたまらなくうれしくなります。

      皆様の思い出の一助になれて本当にうれしいです。
      また当サイトへお越しくださいね。
      (東中野は自転車でよく行きました)

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します。
もう50代にもなる妻子持ちのクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道のある都市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ