Sponsored Link

昔のスーパーマーケット

スーパーマーケット今昔   違いは?

 

今のスーパーマーケットというと2種類に分類されるかと思います。

一つはイオンおよびそのグループを含む巨大ショッピングモール、またはそこまでの規模でなくてもとにかくその店に行けばすべて揃ってしまうタイプのお店、もう一つは地元に根付いた昔からある食料品店が大きくなったような形態のお店、と別れるのではないでしょうか?

後者のお店は東京も含めて全国各地にあり、今でも地元に愛されていますが年々数が少なくなっているのは事実ですし、特に車を使えたりバスや電車であちこち行くことが億劫でない若い世代は巨大ショッピングモールを好む傾向があると思います。

巨大店の良さは「とにかく売り場が広い=品数が豊富」、「専門店街がある」、「飲食も出来る」、「赤ちゃん連れでも安心して利用できるトイレやその他関連設備が充実」など他に行く理由が見つからないほどの利便性の高さです。

ただし広すぎて歩く距離がかなりあり、トイレに行くだけでも疲れてしまうほど歩くこともありますね。
巨大店はご高齢者の方には少々きついかもしれません。

一方地元の昔からのスーパーの良さは「程よい規模なので商品が見つけやすい」、「大型店にはない穴場商品や値引き品もある」、「売り場の方と話しやすいので質問をしたり、普段は設定しない大きさの肉なども対応してくれる」などきめ細かな部分も多いのでご年配の方はもちろん若年層にも人気のあるお店がたくさんあります。

また学校がすぐそばの地元スーパーだと学校指定の体育の帽子や体操着、名札、バッジ、などを売っているお店もありました。

それぞれ一長一短あるスーパーですが、規模の違い以外の決定的な差は何なのでしょうか?

店の規模の違いだけではない大小スーパーの違い

もちろん規模が大きければそれだけ置ける品数も多いのは当たり前であり、客にはより多くの選択肢が提供されることになります。

大規模店は専門店街を除けば「一つの会社が運営している1軒のお店」、「昔ながらの地元の小さなスーパーは、八百屋さん、肉屋さんなどが寄り集まった形態。」と言えるのではないでしょうか?

もちろん大規模店だって精肉、青果、鮮魚売り場などに分かれていますが、基本は一つの会社の中の売り場にすぎません。

小規模店だって似たようなものではあります。
しかし本記事で取り上げたい小規模店は例えば精肉は「XX精肉店」、青果は「YY青果店」などのように別のそれぞれの会社のお店が一つ屋根の下に入っているというお店です。

1970年代以前の地元のスーパーだって今の大規模店のように、一つの会社が様々な食品売り場を設けている、というお店はありました。

しかし先述したように別々の会社の売り場がそれぞれ入っているようなスーパーが多かったのです。

イメージ的には「市場」という感じでしょうか?

リトル市場だった昔のスーパーマーケット

まさに市場という言葉がぴったりでした。
イメージ的には以下のようなお店が代表格かな、と思います↓

このお店は横浜市港北区日吉の「コンビニ山西」というお店で、名前こそコンビニですが昔ながらのスーパーマーケットと言えるようなお店でした。

私はこのお店の近くに住んでいましたが、普段使うスーパーマーケットは別の場所(OKストア日吉店)でした。

関連記事:横浜・南日吉の思い出の商店

このお店があった場所はこちらになります。
撮影は2004年2月ですが、2008年~2010年ごろには閉店してしまいました。

(クリックで拡大し別画面で開きます。)

そして閉店後は駐車場になってしまいました。
写真の撮影は2011年10月ですが、2024年現在でもまだこの駐車場のとして残っているようです。

(クリックで拡大し別画面で開きます。)

本格的な市場といえば以下のようなイメージですが、昔のスーパーマーケットと比べても配置などが異なるだけで基本的には変わりません。

市場でも観光客もたくさん来る場所だと様々な部分が洗練された「観光地」にもなる。
京都・錦市場↓

昔のスーパーマーケットの雰囲気が漂うお店は?

冒頭でも述べたように今でも全国各地に昔ながらのスーパーマーケットは生き残っており、あるいは比較的近年に出来た「昔テイスト」ともいえるお店もたくさんあります。

それらは意外と地域の激安店に多い気がします。

例えば連日のようにTV局の取材に使われる東京都練馬区関町のスーパー「アキダイさん」なんかが代表ですね。
連日のインタビューで大変だなといつも社長さんには同情してしまいますが、まさにこれこそが昔テイストのスーパーマーケットであると言えます。

狭い店内に所狭しと商品が陳列され、しかも値札を見るとずいぶん安いなと思う商品が満載です。

今はイオンに代表される大型店が各地で台頭していますので、狭くても多くの商品が少し手を伸ばせば買える、しかも安いなど敷地の狭さを逆手に取った地域店が繁盛していると言えます。

若い人だって休日はイオンなど大型店に行くけれど、普段の買い物は近所の昔からのスーパーを使う、という人が多いのも事実です。

 

またアキダイさんは東京だけのようですが、全国各地に似たようなスーパーは多くあり、全国ブランドのお店もあります。

例えば「業務スーパーさん」なんかは良い例です。
これでもか!というほどの大量陳列、コストコの一歩手前くらいの量のまさに業務用といえる特大サイズが揃っているなど狭い店内にびっしりです。

業務スーパーさんの店舗も比較的大きいところもありますが、多くは知名度の割に狭いお店が多いと思います。
誤解なきように言うと良い意味での狭さですよ。数歩歩き手を伸ばせば様々な物が買える、巨大店のように歩くだけで疲れてしまうなんてこともありません。

 

昔の、昔からのスーパーは一時期イオンなどに駆逐されて、よほどの田舎に行かない限り国内からは無くなってしまうとまで言われた時期もありました。

しかしそんなことはあり得ませんよね。巨大店を作るには広大な土地が必要です。狭い日本は田舎に行ってもどこでも広い土地など簡単に入手は出来ません。

でも地域の昔からのスーパーも生き残りに必死ですので激安スーパーに転換したり、ありとあらゆる努力をして確実に顧客を掴んでいるのです。

だからこれからも昔からの小さなスーパーは生き残っていくのです。

以下の記事は私にとってのなつかしさから書いたものですが、以下のお店をご存じの方、全く知らない方でも「そんな店があったなんて」と少しでも思って頂ければ幸いです。

OKストアー日吉店(1980年前後)

練馬区上石神井北小学校そばにあった「よろずやストア」

練馬区石神井台にあった「しのだやストア」

1970年頃の練馬区南/東大泉(ニコニコストアーなど)

 

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

管理人

こんにちは。私の名前は「 ノンダクレー」と申します妻子持ちの普通のクソ親父であります。
東京で生まれ育ち、横浜市に長いこと住み、現在は北海道札幌市におります。
色々と思う事が多くなる年齢、このサイトで「懐かしい街と物」をお楽しみ頂ければ幸いでございます。

スポンサーリンク





写真素材無料【写真AC】


無料動画素材なら【動画AC】

このページの先頭へ